レジェンド葛西 ジャンプ週間100戦目は今季最高の10位

公開日: 更新日:

 レジェンドが新たな金字塔を打ち立てた。

 男子ジャンプW杯は4日、オーストリア・インスブルックで欧州伝統のジャンプ週間第3戦(HS130メートル、K点120メートル)を兼ねて行われ、葛西紀明(44)が1回目で125.5メートルを飛び114.3点をマーク。悪天候のため2回目は中止となり、今季最高の10位に入った。

 葛西はこの試合でジャンプ週間94戦目だが、国際スキー連盟(FIS)の発表によれば、予選落ちも含めれば通算100戦目に達したという。

 試合後、場内に100戦目到達が告げられ、特製のゼッケンと記念品を贈られた葛西は地元ファンの祝福に笑顔で応えた。

▽葛西のコメント
「安定したジャンプができた。(100戦目を)こんなに盛大に祝ってくれるとは思ってなかったので、むちゃくちゃ驚いている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る