日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

助っ人陣を牽引 由伸監督が泣いて喜ぶマシソンの“巨人愛”

 巨人6年目の助っ人が順調だ。カナダ代表として来月のWBCに出場するスコット・マシソン(32)である。

 日本代表の投手陣が「滑る」と口を揃えるWBC公式球対策に躍起になる中、前日のブルペンでやっとWBC球を初使用。2006年と13年大会に続き、3度目の出場になるだけに、実にマイペースである。マシソンはさらに「(WBC球を)使うのはブルペンだけ」とキッパリ。沖縄キャンプで予定している実戦登板は、日本の統一球を使うというから驚きだ。理由は「WBCも重要だけど巨人で日本一になりたいから」。高橋由伸監督が聞いたら泣いて喜ぶセリフである。

 カナダは1次ラウンドで米国、ドミニカ共和国、コロンビアと同じ激戦の組に入った。早々と予選通過を諦めているわけではないだろうが、「WBCより巨人」と涼しい顔で言える。だからチームで重宝される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事