ボロボロ巨人に完敗…WBC韓国代表“史上最弱”は本当か?

公開日: 更新日:

 いよいよ母国のファンとメディアをイライラさせそうだ。

 開幕まで2週間余りとなったWBCに出場する韓国代表が昨19日、沖縄の那覇市で巨人と練習試合。0-4の完封負けを食らった。巨人は前日18日の韓国サムスンとの練習試合で0-9の完敗。投打ともに精彩を欠き、高橋由伸監督が「特に良かったと思うことは、ほとんどなかった」と吐き捨てたばかりである。視察する他球団スコアラーにも、「全体として状態がなかなか上がってきていない印象を持った」とチームの調整の進捗、成熟度が疑問視された巨人を相手に、本番間近の韓国代表が輪をかけたヘボを連発した。

 打ってはわずか4安打の9三振。守りでは、坂本の左前打を左翼の崔炯宇がバウンドを合わせられずに頭を越され、2者の生還を許す失笑もののミスを犯した。

 韓国代表は、13日に沖縄うるま市で合宿を開始。4日間の合宿で本番に備える日本代表を尻目に、金寅植監督は「良い結果を持ち帰りたい」と意気込んでいたが、そもそも今回の韓国代表、母国のメディアをして「史上最弱」と揶揄されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る