日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

外野手・立岡を二塁に G由伸監督“クルーズ外し”のワケ

「由伸監督が立岡の打撃や俊足を買っているのは知ってますけど、二塁で使うって本気ですかね?」

 巨人キャンプを視察している他球団のスコアラーがこう言った。巨人の正二塁手に名乗りを上げている立岡宗一郎(26)のことだ。

 昨季まで外野を守り、一時は中堅のレギュラーを手中に収めた。にもかかわらず、昨秋から首脳陣の指令で二塁に挑戦。宮崎キャンプに入ってからは外野の守備にはほとんどつかず、重点的に二塁に入っている。

 前日の韓国代表との練習試合では「1番・二塁」で先発出場。三塁打を放つなどアピールを続けているが、「内野から外野はともかく、外野から内野への転向はそんなに簡単じゃない。いくらソフトバンク時代に経験があるとはいえ、実際に見ても守備はかなり厳しいレベル。名手のクルーズと比べたら、それこそ天と地ほどの差がある。そのクルーズは状態が良さそうなのに、昨年のことがあるから、よっぽど使いたくないんでしょうかね」と冒頭のスコアラーは首をひねるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事