• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人新助っ人マギーに懸念噴出 「体つきが別人」の声も

 4番候補の新外国人、ケーシー・マギー(34)が6日、ランチ特打を行った。楽天時代の13年に28本塁打、93打点で球団初の日本一に貢献した打棒はしかし、明らかに迫力不足。柵越えは強風に乗った3本にとどまった。キャンプ初日に村田ヘッドコーチが「芯に当てる確率は高いよな。打球が飛ぶ?そうか? 陽岱鋼の方が飛んでいたように見えたけどな」と印象を語っていたが、視察したネット裏のスコアラーもこう言った。

「バットがしっかり振れていない。今の時期だから意識的にミート中心でやっているのか、パワーが衰えて鋭く振り切れないのか。見極める必要があります。三塁の守備は普通レベル。でも、大枚をはたいた助っ人ですから、最初は三塁で使うんじゃないですか。村田は守備がうまいから、もったいないですけどね」

 確かに大枚だ。年俸はおよそ2億円。一塁の阿部、三塁の村田とポジションを争い、周囲は4番の可能性もあるとみている。が、首脳陣はそこまでの期待はしていないという話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る