巨人新助っ人マギーに懸念噴出 「体つきが別人」の声も

公開日:

 4番候補の新外国人、ケーシー・マギー(34)が6日、ランチ特打を行った。楽天時代の13年に28本塁打、93打点で球団初の日本一に貢献した打棒はしかし、明らかに迫力不足。柵越えは強風に乗った3本にとどまった。キャンプ初日に村田ヘッドコーチが「芯に当てる確率は高いよな。打球が飛ぶ?そうか? 陽岱鋼の方が飛んでいたように見えたけどな」と印象を語っていたが、視察したネット裏のスコアラーもこう言った。

「バットがしっかり振れていない。今の時期だから意識的にミート中心でやっているのか、パワーが衰えて鋭く振り切れないのか。見極める必要があります。三塁の守備は普通レベル。でも、大枚をはたいた助っ人ですから、最初は三塁で使うんじゃないですか。村田は守備がうまいから、もったいないですけどね」

 確かに大枚だ。年俸はおよそ2億円。一塁の阿部、三塁の村田とポジションを争い、周囲は4番の可能性もあるとみている。が、首脳陣はそこまでの期待はしていないという話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る