開幕初スタメン有力も 巨人岡本にかかるコーチ2人のクビ

公開日: 更新日:

 高卒3年目、岡本和真(20)が初の開幕戦に臨む。左翼でスタメン出場が有力。30日、東京ドームで前日練習を行い、「楽しみ。(オープン戦全試合)使っていただいたのでしっかり頑張りたい。(外野守備は)打球の判断が難しいけど、試合に出て経験するのが一番。ずっと一軍にいられるように、チームの勝利に貢献したい」と意気込んだ。

 オープン戦は打率・241ながら2本塁打。持ち前の長打力を買われ、生き残った格好だ。「打撃はずっと二岡コーチとやってきたことを出せるようにしたい」と“師匠”の名前を口にしたように、昨季の二軍打撃担当から一軍に配置転換となった二岡打撃コーチと二人三脚でやっている。同コーチは数種類のティー打撃を取り入れるなど、打撃練習を改革中だが、最下位だったオープン戦のチーム打率は、12球団唯一の1割台となる・196と結果は出ていない。期待の愛弟子の今季の働き次第で「名コーチ」と呼ばれるのか、はたまた正反対の「クビ」の可能性もなくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る