• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕初スタメン有力も 巨人岡本にかかるコーチ2人のクビ

 高卒3年目、岡本和真(20)が初の開幕戦に臨む。左翼でスタメン出場が有力。30日、東京ドームで前日練習を行い、「楽しみ。(オープン戦全試合)使っていただいたのでしっかり頑張りたい。(外野守備は)打球の判断が難しいけど、試合に出て経験するのが一番。ずっと一軍にいられるように、チームの勝利に貢献したい」と意気込んだ。

 オープン戦は打率・241ながら2本塁打。持ち前の長打力を買われ、生き残った格好だ。「打撃はずっと二岡コーチとやってきたことを出せるようにしたい」と“師匠”の名前を口にしたように、昨季の二軍打撃担当から一軍に配置転換となった二岡打撃コーチと二人三脚でやっている。同コーチは数種類のティー打撃を取り入れるなど、打撃練習を改革中だが、最下位だったオープン戦のチーム打率は、12球団唯一の1割台となる・196と結果は出ていない。期待の愛弟子の今季の働き次第で「名コーチ」と呼ばれるのか、はたまた正反対の「クビ」の可能性もなくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る