村田HCが酷なノルマ…巨人・岡本に“大田の二の舞い”危機

公開日:

 巨人の期待の星が悪戦苦闘している。

「あの守備、見たでしょう? あれじゃあ、試合に出るのはちょっと無理ですよ」

 そう酷評する他球団スコアラーの視線の先にいたのは、高卒3年目を迎える岡本和真(20)である。近未来の4番候補といわれた和製大砲。今キャンプでは本職の三塁ではなく外野でボールを追っているが、「持ち味の打撃もまったく目立っていない。不慣れな外野にコンバートされて、バットの方にも悪影響が出ている感じ。レフトのレギュラーはギャレットで決まりっぽいですね」とライバル球団にバッサリ斬られているのだ。

 連日の居残り特守で付きっ切りの指導を行う大西外野守備走塁コーチに聞くと、こちらもシビアな言葉を返してきた。

「岡本の外野守備? 見ての通りです。課題? 課題は全部、ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る