村田HCが酷なノルマ…巨人・岡本に“大田の二の舞い”危機

公開日:

 巨人の期待の星が悪戦苦闘している。

「あの守備、見たでしょう? あれじゃあ、試合に出るのはちょっと無理ですよ」

 そう酷評する他球団スコアラーの視線の先にいたのは、高卒3年目を迎える岡本和真(20)である。近未来の4番候補といわれた和製大砲。今キャンプでは本職の三塁ではなく外野でボールを追っているが、「持ち味の打撃もまったく目立っていない。不慣れな外野にコンバートされて、バットの方にも悪影響が出ている感じ。レフトのレギュラーはギャレットで決まりっぽいですね」とライバル球団にバッサリ斬られているのだ。

 連日の居残り特守で付きっ切りの指導を行う大西外野守備走塁コーチに聞くと、こちらもシビアな言葉を返してきた。

「岡本の外野守備? 見ての通りです。課題? 課題は全部、ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る