日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBC辞退で株上げた? 陽岱鋼“巨人初年”のしたたかな計算

 下半身の張りで三軍暮らしが続いている巨人の陽岱鋼(30)が今週末にやっと初実戦を迎える。18日の二軍の開幕戦に出場し、順調なら翌19日に一軍に合流する。当初の予定よりさらにズレ込んだが、31日の開幕戦に滑り込めるという計算だ。

 WBC台湾代表に招集されていたが、昨年痛めた右脇腹の状態もあり、球団と話し合った末、大事を取って参加を辞退した。その台湾はグループAで早々と1次ラウンド敗退。「史上最弱」と揶揄された韓国ほどではないにせよ、当初から台湾も「弱い」との下馬評だった。台湾メディア関係者がこう話していた。

「メジャー組では元中日でマーリンズのチェン、元ヤンキースの王建民の2投手が早々と不参加を表明。国内にもラミゴという強豪チームが代表に選手を出さないと表明していて、国内はしらけムードが漂っていた。日本の壮行試合1試合目で則本から本塁打を放って完勝した台湾選抜の王柏融はラミゴの強打者。本来なら代表でも主力になるはずだった。そして陽岱鋼です。故障を心配した巨人に出場を止められたと受け止められているから、本人は悪者にはなっていない。それどころか、代表の惨敗により、不参加だったこれらの選手の株が上がりそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事