• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBC辞退で株上げた? 陽岱鋼“巨人初年”のしたたかな計算

 下半身の張りで三軍暮らしが続いている巨人の陽岱鋼(30)が今週末にやっと初実戦を迎える。18日の二軍の開幕戦に出場し、順調なら翌19日に一軍に合流する。当初の予定よりさらにズレ込んだが、31日の開幕戦に滑り込めるという計算だ。

 WBC台湾代表に招集されていたが、昨年痛めた右脇腹の状態もあり、球団と話し合った末、大事を取って参加を辞退した。その台湾はグループAで早々と1次ラウンド敗退。「史上最弱」と揶揄された韓国ほどではないにせよ、当初から台湾も「弱い」との下馬評だった。台湾メディア関係者がこう話していた。

「メジャー組では元中日でマーリンズのチェン、元ヤンキースの王建民の2投手が早々と不参加を表明。国内にもラミゴという強豪チームが代表に選手を出さないと表明していて、国内はしらけムードが漂っていた。日本の壮行試合1試合目で則本から本塁打を放って完勝した台湾選抜の王柏融はラミゴの強打者。本来なら代表でも主力になるはずだった。そして陽岱鋼です。故障を心配した巨人に出場を止められたと受け止められているから、本人は悪者にはなっていない。それどころか、代表の惨敗により、不参加だったこれらの選手の株が上がりそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る