• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3被弾KOで6敗目 ヤンキース田中を待つ“飼い殺し”の日々

 ヤンキース・田中将大(28)が、またKOである。6日(日本時間7日)のレッドソックス戦に登板し5回を3本塁打含む5安打1四球5失点で6敗目を喫し、連敗は5に伸びた。これで5月8日のレッズ戦で5勝目を挙げたのを最後に1カ月も白星から遠ざかっている。

 今季は大量失点が目立ち、この試合の前までの11戦で44失点はア・リーグワースト。DH制を採用するア・リーグだけに、このままのペースが続けば、メジャーワーストになるのは時間の問題だ。このペースなら、仮に昨季同様、31試合に登板したとすれば、今季は124失点ペース。昨季のア・リーグ最多失点はロイヤルズ・ボルケスの124失点。田中はヤンキースの投手としては2013年のサバシア(122失点)以来の失点王になる可能性もある。

 田中は今季終了後、20年までの7年契約を破棄する権利を持っている。FAになってヤンキースを含めた30球団と交渉し、今以上の大型契約を手にできる契約内容とはいえ、これだけ打たれながら地区優勝を狙うシビアな球団で投げ続けることができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る