女房サンチェスが原因指摘 不調のマー君に右肘不安再燃か

公開日: 更新日:

 復調を目指すヤンキース・田中将大(28)が出ばなをくじかれた。

 先発予定だった25日(日本時間26日)の本拠地でのロイヤルズ戦は荒天が予想されるため早々と中止が決定。田中は26日(同27日)のアスレチックス戦(ニューヨーク)にスライド登板して、6勝目(3敗)を目指す。

 田中は14日のアストロズ戦(1.2回を7安打8失点)、20日のレイズ戦(3回を9安打6失点)と2戦連続で4回と持たずに降板。KOされた2試合はいずれも、それまでとは異なり、スプリットの割合が少なく、力のない直球を打ち込まれて炎上した。2戦ともマスクをかぶった正捕手サンチェスは、田中の不調の原因を「ストレートの制球とスプリットの精度」とみている。制球が定まらず、変化球のキレが以前ほどでないのは、2014年に痛めた右肘に異常が生じた可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る