• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女房サンチェスが原因指摘 不調のマー君に右肘不安再燃か

 復調を目指すヤンキース・田中将大(28)が出ばなをくじかれた。

 先発予定だった25日(日本時間26日)の本拠地でのロイヤルズ戦は荒天が予想されるため早々と中止が決定。田中は26日(同27日)のアスレチックス戦(ニューヨーク)にスライド登板して、6勝目(3敗)を目指す。

 田中は14日のアストロズ戦(1.2回を7安打8失点)、20日のレイズ戦(3回を9安打6失点)と2戦連続で4回と持たずに降板。KOされた2試合はいずれも、それまでとは異なり、スプリットの割合が少なく、力のない直球を打ち込まれて炎上した。2戦ともマスクをかぶった正捕手サンチェスは、田中の不調の原因を「ストレートの制球とスプリットの精度」とみている。制球が定まらず、変化球のキレが以前ほどでないのは、2014年に痛めた右肘に異常が生じた可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る