原因は「単調な投球」ヤンキース田中4連敗を評論家指摘

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が勝ち星から遠ざかっている。

 31日(日本時間1日)のオリオールズ戦は5回3分の2を9安打7失点で5敗目(5勝)を喫した。三回には、メジャー4年目で500奪三振に到達しながら、自己ワーストの4連敗で、黒星は早くも昨季を上回った。

 田中は「制球ミス。ストライクゾーンの真ん中に入ったのが、大きなケガ(失点)につながった。あしたから次の登板に向けてやっていくしかない」と話したが、これまでも調整は重ねてきた。

 田中は連敗中、ロスチャイルド投手コーチと二人三脚で投球フォームを見直し、技術的な修正を図った。前回(5月26日)のアスレチックス戦では八回途中まで5安打1失点、自己最多の13奪三振と復調の気配を見せながら、またしても火ダルマになった。

 田中が長いトンネルから抜け出せないのは自身の技術面に加え、他球団から徹底的に分析されたことも原因ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!