上がらぬ首脳陣の信頼度 ドジャース前田またもや途中降板

公開日:

 ドジャース・前田健太(29)が、また期待を裏切った。

 30日(日本時間31日)のカージナルス戦に登板したが、4回を4安打3失点、3四球で降板。勝敗は付かなかった。

 前田はカージナルス打線に立ち上がりを捉えられ、一回に味方の拙守、自身の悪送球もあり、3安打で3点を先制された。その後も毎回、走者を背負う不安定な投球で5回を持たずに交代を告げられた。

 球数は82。1点をリードし、もう1イニング投げれば白星が付く状況で降板させられたのは、前田の信頼度の低さに他ならない。それはデーブ・ロバーツ監督による前田の起用法からも十分にうかがえる。

 前田はこの日の試合前まで8試合に先発。1試合平均の投球回数は5~6回で、昨季とほとんど変わらない。

 しかも1試合平均の投球数は昨年が約92球、今季は約85球。メジャーの先発は100球がメドといわれるが、昨季も今季もそこまで投げさせずに見切りを付けている。今季は昨季以上に球数が減っているにもかかわらず、ハンで押したように試合中盤で降板させているのだ。

 前田はドジャース入団時、肩、肘に問題ありと診断された。それを配慮して使われているのかもしれないが、先発投手として首脳陣の信頼を勝ち取るにはとにかく結果を出し続けるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る