上がらぬ首脳陣の信頼度 ドジャース前田またもや途中降板

公開日:

 ドジャース・前田健太(29)が、また期待を裏切った。

 30日(日本時間31日)のカージナルス戦に登板したが、4回を4安打3失点、3四球で降板。勝敗は付かなかった。

 前田はカージナルス打線に立ち上がりを捉えられ、一回に味方の拙守、自身の悪送球もあり、3安打で3点を先制された。その後も毎回、走者を背負う不安定な投球で5回を持たずに交代を告げられた。

 球数は82。1点をリードし、もう1イニング投げれば白星が付く状況で降板させられたのは、前田の信頼度の低さに他ならない。それはデーブ・ロバーツ監督による前田の起用法からも十分にうかがえる。

 前田はこの日の試合前まで8試合に先発。1試合平均の投球回数は5~6回で、昨季とほとんど変わらない。

 しかも1試合平均の投球数は昨年が約92球、今季は約85球。メジャーの先発は100球がメドといわれるが、昨季も今季もそこまで投げさせずに見切りを付けている。今季は昨季以上に球数が減っているにもかかわらず、ハンで押したように試合中盤で降板させているのだ。

 前田はドジャース入団時、肩、肘に問題ありと診断された。それを配慮して使われているのかもしれないが、先発投手として首脳陣の信頼を勝ち取るにはとにかく結果を出し続けるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る