通算500奪三振も5敗目 マー君“エース剥奪”秒読みのピンチ

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が31日(日本時間1日)のオリオールズ戦に登板。5回3分の2を1本塁打含む9安打7失点と乱調で5敗目(5勝)を喫した。

 田中は三回、3番マチャドのバットに空を切らせて、通算500奪三振を達成。メジャー4年目で節目に到達したが、この回に5長短打を浴びて一気に4失点。四回にはジョーンズに3ランを浴びた。

 ヤンキースは5年ぶりの地区優勝の望みがあるだけに、ここにきてハル・スタインブレナー・オーナーは米メディアの取材にシーズン中の補強を示唆。7月のチーム状態、戦況次第では「チームの底上げを図るのは当然のこと」と話している。

 ヤンキースの5人の先発のうち田中を含めて4人が勝ち越しているとはいえ、先発の防御率4.09はリーグワースト2位(30日終了時)。中でも田中(防御率5.86)、サバシア(36=同4.42)と左右の両エースが不安定なだけに、計算できる先発の補強に動くとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る