通算500奪三振も5敗目 マー君“エース剥奪”秒読みのピンチ

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が31日(日本時間1日)のオリオールズ戦に登板。5回3分の2を1本塁打含む9安打7失点と乱調で5敗目(5勝)を喫した。

 田中は三回、3番マチャドのバットに空を切らせて、通算500奪三振を達成。メジャー4年目で節目に到達したが、この回に5長短打を浴びて一気に4失点。四回にはジョーンズに3ランを浴びた。

 ヤンキースは5年ぶりの地区優勝の望みがあるだけに、ここにきてハル・スタインブレナー・オーナーは米メディアの取材にシーズン中の補強を示唆。7月のチーム状態、戦況次第では「チームの底上げを図るのは当然のこと」と話している。

 ヤンキースの5人の先発のうち田中を含めて4人が勝ち越しているとはいえ、先発の防御率4.09はリーグワースト2位(30日終了時)。中でも田中(防御率5.86)、サバシア(36=同4.42)と左右の両エースが不安定なだけに、計算できる先発の補強に動くとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る