マエケン放出も? 中継ぎ降格は他球団へのアピール狙いか

公開日:  更新日:

 ローテ落ちの次は放出までありそうだ。

 長引く不振で中継ぎ降格が決まったドジャース・前田健太(29)。デーブ・ロバーツ監督は「ケンタ(前田)には当面、救援役をやってもらう。先発の後を担う役割を考えている」とロングリリーフとして起用する方針を明かした。

 メジャー2年目の今季は10試合に先発して4勝3敗ながら、防御率5・16と精彩を欠いた。指揮官は「あくまでも一時的な措置」とし、リリーフ転向は否定。今後、ロングリリーフとして結果を残して先発復帰のチャンスを待つことになる。

■他球団にアピールするショーケース

 もっとも、ドジャースはエースでサイ・ヤング賞左腕カーショウを筆頭に、マッカーシー、ウッドら先発投手は揃っており、傘下のマイナー球団にも有望な若手投手がゴロゴロいる。今回の前田の配置転換は放出を見越して行われた可能性も指摘される。移籍1年目の昨季は16勝(11敗)を挙げ、先発として結果を残した。今回、ドジャースは前田を中継ぎに回すことで他球団にリリーフとしての適性をアピールする狙いだというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る