マエケン放出も? 中継ぎ降格は他球団へのアピール狙いか

公開日: 更新日:

 ローテ落ちの次は放出までありそうだ。

 長引く不振で中継ぎ降格が決まったドジャース・前田健太(29)。デーブ・ロバーツ監督は「ケンタ(前田)には当面、救援役をやってもらう。先発の後を担う役割を考えている」とロングリリーフとして起用する方針を明かした。

 メジャー2年目の今季は10試合に先発して4勝3敗ながら、防御率5・16と精彩を欠いた。指揮官は「あくまでも一時的な措置」とし、リリーフ転向は否定。今後、ロングリリーフとして結果を残して先発復帰のチャンスを待つことになる。

■他球団にアピールするショーケース

 もっとも、ドジャースはエースでサイ・ヤング賞左腕カーショウを筆頭に、マッカーシー、ウッドら先発投手は揃っており、傘下のマイナー球団にも有望な若手投手がゴロゴロいる。今回の前田の配置転換は放出を見越して行われた可能性も指摘される。移籍1年目の昨季は16勝(11敗)を挙げ、先発として結果を残した。今回、ドジャースは前田を中継ぎに回すことで他球団にリリーフとしての適性をアピールする狙いだというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る