• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン放出も? 中継ぎ降格は他球団へのアピール狙いか

 ローテ落ちの次は放出までありそうだ。

 長引く不振で中継ぎ降格が決まったドジャース・前田健太(29)。デーブ・ロバーツ監督は「ケンタ(前田)には当面、救援役をやってもらう。先発の後を担う役割を考えている」とロングリリーフとして起用する方針を明かした。

 メジャー2年目の今季は10試合に先発して4勝3敗ながら、防御率5・16と精彩を欠いた。指揮官は「あくまでも一時的な措置」とし、リリーフ転向は否定。今後、ロングリリーフとして結果を残して先発復帰のチャンスを待つことになる。

■他球団にアピールするショーケース

 もっとも、ドジャースはエースでサイ・ヤング賞左腕カーショウを筆頭に、マッカーシー、ウッドら先発投手は揃っており、傘下のマイナー球団にも有望な若手投手がゴロゴロいる。今回の前田の配置転換は放出を見越して行われた可能性も指摘される。移籍1年目の昨季は16勝(11敗)を挙げ、先発として結果を残した。今回、ドジャースは前田を中継ぎに回すことで他球団にリリーフとしての適性をアピールする狙いだというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る