中日荒木2000安打達成秘話 メジャーも認めた北京での一発

公開日:  更新日:

「『練習は嘘をつかない』という言葉は、荒木のためにあると思う。練習に嘘をつかれた選手は山ほどいますからね」

 中日の鈴木孝政OB会長がこう言っている。

 3日の楽天戦で史上48人目の2000安打を達成した中日の荒木雅博(39)。通算33本塁打は名球会メンバーでは最少。中軸を打ったことがない選手の大記録も初めてだ。1996年のデビュー当時から知る同会長の言葉通り、荒木はプロ入りから22年間、地道に試合に出続け(2126試合=5日現在)、コツコツと安打を積み重ねた。

「その時々で素晴らしい指導者に恵まれました」という荒木は二軍での駆け出しの頃、当時の監督、コーチだった仁村薫、徹兄弟から徹底的にしごかれた。試合で二塁から本塁を狙って走塁死した後、一人泥まみれになりながら、何度も二塁から本塁へヘッドスライディングする練習をしたこともある。不条理にも見える練習でも素直に取り組み、猛練習に耐え得る体力を養ったのはこの時期だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る