中日荒木2000安打達成秘話 メジャーも認めた北京での一発

公開日: 更新日:

「『練習は嘘をつかない』という言葉は、荒木のためにあると思う。練習に嘘をつかれた選手は山ほどいますからね」

 中日の鈴木孝政OB会長がこう言っている。

 3日の楽天戦で史上48人目の2000安打を達成した中日の荒木雅博(39)。通算33本塁打は名球会メンバーでは最少。中軸を打ったことがない選手の大記録も初めてだ。1996年のデビュー当時から知る同会長の言葉通り、荒木はプロ入りから22年間、地道に試合に出続け(2126試合=5日現在)、コツコツと安打を積み重ねた。

「その時々で素晴らしい指導者に恵まれました」という荒木は二軍での駆け出しの頃、当時の監督、コーチだった仁村薫、徹兄弟から徹底的にしごかれた。試合で二塁から本塁を狙って走塁死した後、一人泥まみれになりながら、何度も二塁から本塁へヘッドスライディングする練習をしたこともある。不条理にも見える練習でも素直に取り組み、猛練習に耐え得る体力を養ったのはこの時期だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る