米900奪三振報われず…ダルを潰すライバルの“待球作戦”

公開日: 更新日:

 節目の試合を白星で飾れなかった。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が7日(日本時間8日)、インターリーグのメッツ戦に登板。7回3分の1を2本塁打含む3安打3失点、9奪三振と好投しながら、勝敗は付かなかった。

 この日のダルは序盤から三振の山を築き、六回カブレラを見逃しの三振に仕留めてメジャー通算900奪三振を達成。117球の奮闘も実らなかった。

 ダルの好投が報われないのは、他球団からの徹底マークも原因の一つとみられる。

 4敗目を喫した前回2日(日本時間3日)のアストロズ戦(7安打3失点)。相手打者に低めの変化球を見送られたり、追い込んでからファウルで粘られ、序盤から球数を要して五回の降板時には104球に達した。

 ア・リーグ西地区首位を独走する好調打線の待球策にまんまとはまったが、何もこれはアストロズ独自のものではない。メジャーでは、肘の腱を再建するトミー・ジョン手術から復帰した投手を攻略するためにウエーティングを徹底するのが常套手段とされる。復帰明けで肩、肘のスタミナに不安を残す投手に球数を投げさせて早めに交代させる狙いからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る