米900奪三振報われず…ダルを潰すライバルの“待球作戦”

公開日:

 節目の試合を白星で飾れなかった。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が7日(日本時間8日)、インターリーグのメッツ戦に登板。7回3分の1を2本塁打含む3安打3失点、9奪三振と好投しながら、勝敗は付かなかった。

 この日のダルは序盤から三振の山を築き、六回カブレラを見逃しの三振に仕留めてメジャー通算900奪三振を達成。117球の奮闘も実らなかった。

 ダルの好投が報われないのは、他球団からの徹底マークも原因の一つとみられる。

 4敗目を喫した前回2日(日本時間3日)のアストロズ戦(7安打3失点)。相手打者に低めの変化球を見送られたり、追い込んでからファウルで粘られ、序盤から球数を要して五回の降板時には104球に達した。

 ア・リーグ西地区首位を独走する好調打線の待球策にまんまとはまったが、何もこれはアストロズ独自のものではない。メジャーでは、肘の腱を再建するトミー・ジョン手術から復帰した投手を攻略するためにウエーティングを徹底するのが常套手段とされる。復帰明けで肩、肘のスタミナに不安を残す投手に球数を投げさせて早めに交代させる狙いからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る