青木が大台到達しても“祝儀”望み薄…アストロズの懐事情

公開日:  更新日:

 好調なチームにあって一人蚊帳の外に置かれているのがアストロズ・青木宣親(35)だ。

 アストロズは現在、10連勝中で、2位エンゼルスと13.5ゲーム差のア・リーグ西地区首位。チームは早くも首位固めに入ったが、青木は4日のレンジャーズ戦では出番がなく、「日米通算2000安打」まで残り5本のまま足踏みである(4日終了時)。

 今季はベルトラン(49試合で打率2割5分5厘)、マリズニック(41試合で同2割5分3厘)らと併用されるとみられていたが、ベンチを温める機会も多く、ここまで青木より打率の低い2人を下回る39試合にとどまっている(117打数30安打の打率2割5分6厘)。

 昨年12月にアストロズと1年550万ドル(約6億1000万円)で契約した青木は打席数に応じて最大で300万ドル(約3億3000万円)の出来高が付くといわれる。出場機会に恵まれないのは球団がボーナス額を抑えたいからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る