青木が大台到達しても“祝儀”望み薄…アストロズの懐事情

公開日: 更新日:

 好調なチームにあって一人蚊帳の外に置かれているのがアストロズ・青木宣親(35)だ。

 アストロズは現在、10連勝中で、2位エンゼルスと13.5ゲーム差のア・リーグ西地区首位。チームは早くも首位固めに入ったが、青木は4日のレンジャーズ戦では出番がなく、「日米通算2000安打」まで残り5本のまま足踏みである(4日終了時)。

 今季はベルトラン(49試合で打率2割5分5厘)、マリズニック(41試合で同2割5分3厘)らと併用されるとみられていたが、ベンチを温める機会も多く、ここまで青木より打率の低い2人を下回る39試合にとどまっている(117打数30安打の打率2割5分6厘)。

 昨年12月にアストロズと1年550万ドル(約6億1000万円)で契約した青木は打席数に応じて最大で300万ドル(約3億3000万円)の出来高が付くといわれる。出場機会に恵まれないのは球団がボーナス額を抑えたいからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る