青木が大台到達しても“祝儀”望み薄…アストロズの懐事情

公開日: 更新日:

 好調なチームにあって一人蚊帳の外に置かれているのがアストロズ・青木宣親(35)だ。

 アストロズは現在、10連勝中で、2位エンゼルスと13.5ゲーム差のア・リーグ西地区首位。チームは早くも首位固めに入ったが、青木は4日のレンジャーズ戦では出番がなく、「日米通算2000安打」まで残り5本のまま足踏みである(4日終了時)。

 今季はベルトラン(49試合で打率2割5分5厘)、マリズニック(41試合で同2割5分3厘)らと併用されるとみられていたが、ベンチを温める機会も多く、ここまで青木より打率の低い2人を下回る39試合にとどまっている(117打数30安打の打率2割5分6厘)。

 昨年12月にアストロズと1年550万ドル(約6億1000万円)で契約した青木は打席数に応じて最大で300万ドル(約3億3000万円)の出来高が付くといわれる。出場機会に恵まれないのは球団がボーナス額を抑えたいからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る