もうメジャー8球団 ハム大谷“詣で”二軍調整中も続く理由

公開日: 更新日:

「だいぶ良くはなっているようですけど、まだ左足の内出血が引かないと聞きました。なので無理をさせるわけにいかないというのがフロントや首脳陣の判断らしい」

 こう言うのはある日本ハムOB。右足首痛と左太もも肉離れで戦線離脱中の大谷翔平(22)に関してだ。

 現在、千葉・鎌ケ谷の二軍施設で調整している大谷は13日、故障後初めて捕手を座らせて投球練習。

 翌14日にはフリー打撃を行うなど、ようやく二刀流に近づいたとはいえ、「復帰は早くて7月中旬、後半戦から野手として戻ってくる可能性が高い」(前出のOB)というのだ。

 まだ、スパイクを履いての全力疾走すら許可されていない、そんな大谷を早くもメジャー球団が追い掛け回している。今オフ、海を渡るかどうか定かじゃないにもかかわらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る