もうメジャー8球団 ハム大谷“詣で”二軍調整中も続く理由

公開日: 更新日:

「だいぶ良くはなっているようですけど、まだ左足の内出血が引かないと聞きました。なので無理をさせるわけにいかないというのがフロントや首脳陣の判断らしい」

 こう言うのはある日本ハムOB。右足首痛と左太もも肉離れで戦線離脱中の大谷翔平(22)に関してだ。

 現在、千葉・鎌ケ谷の二軍施設で調整している大谷は13日、故障後初めて捕手を座らせて投球練習。

 翌14日にはフリー打撃を行うなど、ようやく二刀流に近づいたとはいえ、「復帰は早くて7月中旬、後半戦から野手として戻ってくる可能性が高い」(前出のOB)というのだ。

 まだ、スパイクを履いての全力疾走すら許可されていない、そんな大谷を早くもメジャー球団が追い掛け回している。今オフ、海を渡るかどうか定かじゃないにもかかわらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る