もうメジャー8球団 ハム大谷“詣で”二軍調整中も続く理由

公開日:

「だいぶ良くはなっているようですけど、まだ左足の内出血が引かないと聞きました。なので無理をさせるわけにいかないというのがフロントや首脳陣の判断らしい」

 こう言うのはある日本ハムOB。右足首痛と左太もも肉離れで戦線離脱中の大谷翔平(22)に関してだ。

 現在、千葉・鎌ケ谷の二軍施設で調整している大谷は13日、故障後初めて捕手を座らせて投球練習。

 翌14日にはフリー打撃を行うなど、ようやく二刀流に近づいたとはいえ、「復帰は早くて7月中旬、後半戦から野手として戻ってくる可能性が高い」(前出のOB)というのだ。

 まだ、スパイクを履いての全力疾走すら許可されていない、そんな大谷を早くもメジャー球団が追い掛け回している。今オフ、海を渡るかどうか定かじゃないにもかかわらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る