実力だけじゃない 米ドラフト「2世選手」次々指名の思惑

公開日:

 今年も現役時代に名を馳せた選手の身内がドラフトで多数、指名された。

 マーリンズはノースカロライナ大学のジョー・デュナン遊撃手(21)を2巡目(全体51位)で指名。ヤンキースの元主砲A・ロドリゲスは叔父にあたり、米大学球界を代表する内野手のひとりだという。

 ブルージェイズは通算354勝右腕ロジャー・クレメンスの次男で、テキサス大学の一塁手ケーシー(22)を8巡目(同249位)で交渉権を獲得。ダイヤモンドバックスは1984年に近鉄でもプレーしたドン・マネーの孫バディー・ケネディー内野手(18=ミルビル高)を5巡目(同142位)で指名するなど、今年もかつてのスター選手の親族が話題になった。

 日本のようにプロアマ規定がないメジャーでは、選手が自分の息子を当然のように指導している。実際、ロドリゲスは現役時代、キャンプ地タンパで甥っ子の打撃投手を買って出るなど練習相手を務めたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る