実力だけじゃない 米ドラフト「2世選手」次々指名の思惑

公開日: 更新日:

 今年も現役時代に名を馳せた選手の身内がドラフトで多数、指名された。

 マーリンズはノースカロライナ大学のジョー・デュナン遊撃手(21)を2巡目(全体51位)で指名。ヤンキースの元主砲A・ロドリゲスは叔父にあたり、米大学球界を代表する内野手のひとりだという。

 ブルージェイズは通算354勝右腕ロジャー・クレメンスの次男で、テキサス大学の一塁手ケーシー(22)を8巡目(同249位)で交渉権を獲得。ダイヤモンドバックスは1984年に近鉄でもプレーしたドン・マネーの孫バディー・ケネディー内野手(18=ミルビル高)を5巡目(同142位)で指名するなど、今年もかつてのスター選手の親族が話題になった。

 日本のようにプロアマ規定がないメジャーでは、選手が自分の息子を当然のように指導している。実際、ロドリゲスは現役時代、キャンプ地タンパで甥っ子の打撃投手を買って出るなど練習相手を務めたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る