全日本スキー連盟 突然の強化トップ交代劇に“長野閥”の影

公開日: 更新日:

「なぜだ!?」という声は当然だろう。

 全日本スキー連盟(SAJ)は14日、都内で理事会を開き、強化責任者の成田収平競技本部長(53)が辞任。06年トリノ五輪アルペン男子回転4位の皆川賢太郎常務理事(40)に交代することが承認された。このニュースは瞬く間にスキー関係者の間に広がり、多くの者は首をかしげた。

 来年2月の平昌五輪までは8カ月しかない。しかも、今年の世界選手権で日本勢は、フリースタイルで金3、ノルディックで銀2銅3、スノーボードで銀1銅1のメダルを獲得した。

「ノルディック複合の指導が本職の成田さんは明大スキー部の総監督です。厳しい人だが、責任感が強く、ジュニア育成にも力を注いできた。ジュニア合宿には自腹も切ってきた人です。昨季の世界選手権では結果も出しているのに、この時期に自分から辞める理由がわからない」と、あるスキー関係者は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る