強化トップに皆川賢太郎氏 スキー連盟“異例人事”の裏側

公開日:

 関係者もビックリの一報だった。全日本スキー連盟は14日、都内で理事会を開き、競技本部長が成田収平(53)から、2006年トリノ五輪アルペン男子回転4位の皆川賢太郎常務理事(40)に交代することが承認された。来年2月の平昌五輪まで約8カ月という時に、強化責任者が代わるというのは異例というか、おかしな話だ。

 現在のスキー連盟は北野貴裕会長(53)が長野出身ということで、北海道や東北より長野に近い関係者が力を持っているといわれている。新たに競技本部長に就く皆川氏の妻は、モーグルで五輪5大会連続入賞の上村愛子(37)だ。彼女は白馬高(長野)を卒業してから北野会長が社長を務める会社に入社(14年7月退社)。以前から強化部門の仕事がしたいとの希望を持っていた皆川氏も北野会長に可愛いがられてきたこともあり、今回の人事につながったとみる向きもある。

 それにしても、日本は今年の世界選手権でフリースタイルでの金3個やノルディックで銀2個、銅3個など、多数のメダルを獲得している。解せない人事との声は少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る