井箟重慶
著者のコラム一覧
井箟重慶オリックス元球団代表

1935年、岐阜県出身。上智大学外国語学部卒。59年、丸善石油入社。77年、米国丸善石油(現米国コスモ石油)に出向し、88年、副社長で退社。89年、オリックスの球団幹部一般公募に応募し、球団常務として入社。90年、球団代表就任。96年、日本一に。2000年、シーズン終了後に辞任。01~02年、球団顧問。07~11年、スペシャルアドバイザー。02年から関西国際大学教授を務め、現在は名誉教授。

マ軍のイチロー獲得も年俸抑制も任天堂山内社長の意向

公開日: 更新日:
入団会見を終え、任天堂本社を後にするイチロー(右端は山内社長)/(C)日刊ゲンダイ

■コルボーンも推薦

 2000年オフ、マリナーズがイチローの交渉権を得るために提示した金額は約14億円だった。

 オリックスに入るこの金額は、あくまでイチローと交渉するためのものであって、本人には一銭も入らない。つまりは…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る