ポストシーズンも好調 アストロズ打線に“青木の粘り”貢献

公開日: 更新日:

 両リーグを通じて一番乗りでリーグ優勝決定戦進出を決めたのがアストロズだ。

 レギュラーシーズンで地区首位を独走した勢いをそのままに、レッドソックスを退けた。今季は、チーム打率2割8分2厘、総得点896ともにメジャートップ。打線が好調なのは、シーズン途中までプレーしたベテラン外野手の存在が大きかったという。

 7月末にブルージェイズに交換トレードで移籍し、最後はメッツでもプレーした青木宣親(35)のことだ。アストロズの野手は若手主体で、それまでは打席で淡泊な選手が少なくなかった。ヒンチ監督は若手の打撃向上を図るため「打席で粘るノリ(青木)の姿勢を参考にするように」と助言していたのだ。

 青木は一時期、メジャーで最も三振が少ない打者として知られた。早いカウントから手を出さず、際どいコースはファウルで逃げるなど、昨季まではロイヤルズやマリナーズなどでリードオフマンとしてチームを牽引した。そんな青木のアドバイスもあり、若手野手の多くが球の見極めを意識するようになった。特に外野守備のスペシャリストだったマリズニック(26)は選球眼が向上し、昨季2割5分7厘だった出塁率を今季は3割1分9厘と上げた。今季のアストロズのチーム出塁率3割4分6厘はメジャートップである。

 青木がアストロズに在籍したのは半年程度だ。出場機会には恵まれなかったが、チームの底上げには少なからず貢献したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る