13勝目のヤ軍・田中 年俸25億円で今季貢献度は半値以下

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が29日(日本時間30日)のブルージェイズ戦に登板。レギュラーシーズン最終マウンドは、7回を3安打無失点で13勝目(12敗)をマークした。メジャー自己最多の15三振を奪い、無四球だった。

 今季は3年連続開幕投手を務め、不動のエースの座を手にしたはずだが、投球内容はもちろん、働きぶりは物足りない。2014年に移籍してからの投球回数は昨季の199回3分の2が最多。右肘に不安を抱えているため、毎年、離脱を繰り返しており、これまで一度も200回に達していないのだ。

 メジャーのエースとしての最低条件さえクリアしていない田中の年俸が2200万ドル(約25億円)とは、いくらなんでももらい過ぎではないか。

「選手がどれだけ勝利に貢献したかを示す『WAR』という指標では今季の田中は2・2。金額に換算すると1・0あたり400万ドルなので、今季は880万ドル(約10億円)分しか働いていない計算になる。過去4年の通算でも4880万ドル(約55億円)で、実際に手にしている4年分の年俸8800万ドル(約100億円)の半額程度です。カーショー(ドジャース)、シャーザー(ナショナルズ)らの超一流投手が毎年7・0前後であることを考えれば、いかに田中が期待を裏切っているかがわかります」(スポーツライター・友成那智氏)

 田中は今季終了後、20年まで残り3年間の契約を破棄(オプトアウト)してFAになる権利を持つものの、実際の評価を見ればヤンキースを飛び出せるはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る