• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13勝目のヤ軍・田中 年俸25億円で今季貢献度は半値以下

 ヤンキース・田中将大(28)が29日(日本時間30日)のブルージェイズ戦に登板。レギュラーシーズン最終マウンドは、7回を3安打無失点で13勝目(12敗)をマークした。メジャー自己最多の15三振を奪い、無四球だった。

 今季は3年連続開幕投手を務め、不動のエースの座を手にしたはずだが、投球内容はもちろん、働きぶりは物足りない。2014年に移籍してからの投球回数は昨季の199回3分の2が最多。右肘に不安を抱えているため、毎年、離脱を繰り返しており、これまで一度も200回に達していないのだ。

 メジャーのエースとしての最低条件さえクリアしていない田中の年俸が2200万ドル(約25億円)とは、いくらなんでももらい過ぎではないか。

「選手がどれだけ勝利に貢献したかを示す『WAR』という指標では今季の田中は2・2。金額に換算すると1・0あたり400万ドルなので、今季は880万ドル(約10億円)分しか働いていない計算になる。過去4年の通算でも4880万ドル(約55億円)で、実際に手にしている4年分の年俸8800万ドル(約100億円)の半額程度です。カーショー(ドジャース)、シャーザー(ナショナルズ)らの超一流投手が毎年7・0前後であることを考えれば、いかに田中が期待を裏切っているかがわかります」(スポーツライター・友成那智氏)

 田中は今季終了後、20年まで残り3年間の契約を破棄(オプトアウト)してFAになる権利を持つものの、実際の評価を見ればヤンキースを飛び出せるはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る