13勝目のヤ軍・田中 年俸25億円で今季貢献度は半値以下

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が29日(日本時間30日)のブルージェイズ戦に登板。レギュラーシーズン最終マウンドは、7回を3安打無失点で13勝目(12敗)をマークした。メジャー自己最多の15三振を奪い、無四球だった。

 今季は3年連続開幕投手を務め、不動のエースの座を手にしたはずだが、投球内容はもちろん、働きぶりは物足りない。2014年に移籍してからの投球回数は昨季の199回3分の2が最多。右肘に不安を抱えているため、毎年、離脱を繰り返しており、これまで一度も200回に達していないのだ。

 メジャーのエースとしての最低条件さえクリアしていない田中の年俸が2200万ドル(約25億円)とは、いくらなんでももらい過ぎではないか。

「選手がどれだけ勝利に貢献したかを示す『WAR』という指標では今季の田中は2・2。金額に換算すると1・0あたり400万ドルなので、今季は880万ドル(約10億円)分しか働いていない計算になる。過去4年の通算でも4880万ドル(約55億円)で、実際に手にしている4年分の年俸8800万ドル(約100億円)の半額程度です。カーショー(ドジャース)、シャーザー(ナショナルズ)らの超一流投手が毎年7・0前後であることを考えれば、いかに田中が期待を裏切っているかがわかります」(スポーツライター・友成那智氏)

 田中は今季終了後、20年まで残り3年間の契約を破棄(オプトアウト)してFAになる権利を持つものの、実際の評価を見ればヤンキースを飛び出せるはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る