ダル&田中 プレーオフの好投は来季契約にどう影響する?

公開日: 更新日:

 海の向こうで日本人投手が好投している。

 ドジャースのダルビッシュ有(31)が9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦に先発、5回3分の0を2安打1失点に抑えてポストシーズン初勝利。チームをリーグ優勝決定戦に導いた。

 ヤンキース・田中将大(28)は8日(日本時間9日)のインディアンス戦で7回を無失点に抑えてこちらもポストシーズン初白星。負ければ後がない崖っぷちで、元エースの面目を保った。

 ダルは今オフ、FAになる。田中もオフに、ヤンキースとの2020年までの3年契約を破棄してFAになる権利がある。今回のポストシーズンでの投球内容は、来季以降の契約にどれだけ影響するのか。

「この時期に活躍する選手、特に野手は『ミスター・オクトーバー』(10月男)と呼ばれますが、投手も例外ではない。ポストシーズンでの働きが認められて評価を上げるケースは少なくありません。田中はともかく、今オフ、FAになるダルはさらに価値を高めるチャンスです。仮にチームがリーグ優勝決定戦、ワールドシリーズに勝ち進み、5試合に登板して防御率1点台なら市場価値は確実に高騰します」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る