ダル&田中 プレーオフの好投は来季契約にどう影響する?

公開日: 更新日:

 海の向こうで日本人投手が好投している。

 ドジャースのダルビッシュ有(31)が9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦に先発、5回3分の0を2安打1失点に抑えてポストシーズン初勝利。チームをリーグ優勝決定戦に導いた。

 ヤンキース・田中将大(28)は8日(日本時間9日)のインディアンス戦で7回を無失点に抑えてこちらもポストシーズン初白星。負ければ後がない崖っぷちで、元エースの面目を保った。

 ダルは今オフ、FAになる。田中もオフに、ヤンキースとの2020年までの3年契約を破棄してFAになる権利がある。今回のポストシーズンでの投球内容は、来季以降の契約にどれだけ影響するのか。

「この時期に活躍する選手、特に野手は『ミスター・オクトーバー』(10月男)と呼ばれますが、投手も例外ではない。ポストシーズンでの働きが認められて評価を上げるケースは少なくありません。田中はともかく、今オフ、FAになるダルはさらに価値を高めるチャンスです。仮にチームがリーグ優勝決定戦、ワールドシリーズに勝ち進み、5試合に登板して防御率1点台なら市場価値は確実に高騰します」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る