ダル&田中 プレーオフの好投は来季契約にどう影響する?

公開日: 更新日:

 海の向こうで日本人投手が好投している。

 ドジャースのダルビッシュ有(31)が9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦に先発、5回3分の0を2安打1失点に抑えてポストシーズン初勝利。チームをリーグ優勝決定戦に導いた。

 ヤンキース・田中将大(28)は8日(日本時間9日)のインディアンス戦で7回を無失点に抑えてこちらもポストシーズン初白星。負ければ後がない崖っぷちで、元エースの面目を保った。

 ダルは今オフ、FAになる。田中もオフに、ヤンキースとの2020年までの3年契約を破棄してFAになる権利がある。今回のポストシーズンでの投球内容は、来季以降の契約にどれだけ影響するのか。

「この時期に活躍する選手、特に野手は『ミスター・オクトーバー』(10月男)と呼ばれますが、投手も例外ではない。ポストシーズンでの働きが認められて評価を上げるケースは少なくありません。田中はともかく、今オフ、FAになるダルはさらに価値を高めるチャンスです。仮にチームがリーグ優勝決定戦、ワールドシリーズに勝ち進み、5試合に登板して防御率1点台なら市場価値は確実に高騰します」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る