ダル&田中 プレーオフの好投は来季契約にどう影響する?

公開日:

 海の向こうで日本人投手が好投している。

 ドジャースのダルビッシュ有(31)が9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦に先発、5回3分の0を2安打1失点に抑えてポストシーズン初勝利。チームをリーグ優勝決定戦に導いた。

 ヤンキース・田中将大(28)は8日(日本時間9日)のインディアンス戦で7回を無失点に抑えてこちらもポストシーズン初白星。負ければ後がない崖っぷちで、元エースの面目を保った。

 ダルは今オフ、FAになる。田中もオフに、ヤンキースとの2020年までの3年契約を破棄してFAになる権利がある。今回のポストシーズンでの投球内容は、来季以降の契約にどれだけ影響するのか。

「この時期に活躍する選手、特に野手は『ミスター・オクトーバー』(10月男)と呼ばれますが、投手も例外ではない。ポストシーズンでの働きが認められて評価を上げるケースは少なくありません。田中はともかく、今オフ、FAになるダルはさらに価値を高めるチャンスです。仮にチームがリーグ優勝決定戦、ワールドシリーズに勝ち進み、5試合に登板して防御率1点台なら市場価値は確実に高騰します」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る