• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地区Sは強打者ズラリ 本拠初勝利のダルに“一発病”不安

 ドジャース・ダルビッシュ有(31)が25日(日本時間26日)のパドレス戦に登板。本拠地最終カードで7回2安打1失点の好投、移籍後初のドジャースタジアム勝利を挙げた。これで通算成績は10勝12敗となった。

 ダルは29年ぶりの世界一請負人として招かれながら、地元ファンの期待を裏切ってきた。ドジャースタジアムではここまで3戦(計15回3分の1)に登板して0勝2敗、防御率6・46。被本塁打5、被打率3割1分1厘と結果を残せていなかった。

 ドジャースタジアムは両翼101メートルの左右対称で、中堅は120メートルと広い上に風の影響もあり、投手有利の球場だ。特に8、9月は空気が滞留して打球は飛びにくくなるといわれる。

 ダルが今年7月まで所属したレンジャーズの本拠地「グローブライフ・パーク」は空気が乾燥して本塁打が出やすい。13年に26本塁打を許すなど、テキサスの気候にも苦しんできた。移籍後は投手天国とされる新天地の環境もあり、甘いコースに入ってもスタンドまで運ばれないとタカをくくっていたのかどうか。ドジャースタジアムでの登板に限ったことではないが、空振りを狙った高めのつり球、追い込んでからの甘い変化球を狙い打たれるケースが少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る