地区Sは強打者ズラリ 本拠初勝利のダルに“一発病”不安

公開日: 更新日:

 ドジャース・ダルビッシュ有(31)が25日(日本時間26日)のパドレス戦に登板。本拠地最終カードで7回2安打1失点の好投、移籍後初のドジャースタジアム勝利を挙げた。これで通算成績は10勝12敗となった。

 ダルは29年ぶりの世界一請負人として招かれながら、地元ファンの期待を裏切ってきた。ドジャースタジアムではここまで3戦(計15回3分の1)に登板して0勝2敗、防御率6・46。被本塁打5、被打率3割1分1厘と結果を残せていなかった。

 ドジャースタジアムは両翼101メートルの左右対称で、中堅は120メートルと広い上に風の影響もあり、投手有利の球場だ。特に8、9月は空気が滞留して打球は飛びにくくなるといわれる。

 ダルが今年7月まで所属したレンジャーズの本拠地「グローブライフ・パーク」は空気が乾燥して本塁打が出やすい。13年に26本塁打を許すなど、テキサスの気候にも苦しんできた。移籍後は投手天国とされる新天地の環境もあり、甘いコースに入ってもスタンドまで運ばれないとタカをくくっていたのかどうか。ドジャースタジアムでの登板に限ったことではないが、空振りを狙った高めのつり球、追い込んでからの甘い変化球を狙い打たれるケースが少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る