地区Sは強打者ズラリ 本拠初勝利のダルに“一発病”不安

公開日:

 ドジャース・ダルビッシュ有(31)が25日(日本時間26日)のパドレス戦に登板。本拠地最終カードで7回2安打1失点の好投、移籍後初のドジャースタジアム勝利を挙げた。これで通算成績は10勝12敗となった。

 ダルは29年ぶりの世界一請負人として招かれながら、地元ファンの期待を裏切ってきた。ドジャースタジアムではここまで3戦(計15回3分の1)に登板して0勝2敗、防御率6・46。被本塁打5、被打率3割1分1厘と結果を残せていなかった。

 ドジャースタジアムは両翼101メートルの左右対称で、中堅は120メートルと広い上に風の影響もあり、投手有利の球場だ。特に8、9月は空気が滞留して打球は飛びにくくなるといわれる。

 ダルが今年7月まで所属したレンジャーズの本拠地「グローブライフ・パーク」は空気が乾燥して本塁打が出やすい。13年に26本塁打を許すなど、テキサスの気候にも苦しんできた。移籍後は投手天国とされる新天地の環境もあり、甘いコースに入ってもスタンドまで運ばれないとタカをくくっていたのかどうか。ドジャースタジアムでの登板に限ったことではないが、空振りを狙った高めのつり球、追い込んでからの甘い変化球を狙い打たれるケースが少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る