地区Sは強打者ズラリ 本拠初勝利のダルに“一発病”不安

公開日: 更新日:

 ドジャース・ダルビッシュ有(31)が25日(日本時間26日)のパドレス戦に登板。本拠地最終カードで7回2安打1失点の好投、移籍後初のドジャースタジアム勝利を挙げた。これで通算成績は10勝12敗となった。

 ダルは29年ぶりの世界一請負人として招かれながら、地元ファンの期待を裏切ってきた。ドジャースタジアムではここまで3戦(計15回3分の1)に登板して0勝2敗、防御率6・46。被本塁打5、被打率3割1分1厘と結果を残せていなかった。

 ドジャースタジアムは両翼101メートルの左右対称で、中堅は120メートルと広い上に風の影響もあり、投手有利の球場だ。特に8、9月は空気が滞留して打球は飛びにくくなるといわれる。

 ダルが今年7月まで所属したレンジャーズの本拠地「グローブライフ・パーク」は空気が乾燥して本塁打が出やすい。13年に26本塁打を許すなど、テキサスの気候にも苦しんできた。移籍後は投手天国とされる新天地の環境もあり、甘いコースに入ってもスタンドまで運ばれないとタカをくくっていたのかどうか。ドジャースタジアムでの登板に限ったことではないが、空振りを狙った高めのつり球、追い込んでからの甘い変化球を狙い打たれるケースが少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る