ダル&マエケン貢献できるか ド軍29年ぶり世界一への懸念

公開日: 更新日:

 ア・リーグのワイルドカードゲームは、田中将大(28)のヤンキースがツインズを下してインディアンスとの地区シリーズへ。ナ・リーグは4日(日本時間5日)、ダイヤモンドバックスとロッキーズが戦い、勝者がドジャースとの地区シリーズに駒を進める。

 ドジャースは今季、西地区を独走して30球団ナンバーワンのシーズン104勝をマークした。ワールドシリーズに勝てば実に29年ぶり。ドジャースは、果たして世界一になれるか。ダルビッシュ有(31)と前田健太(29)はチームの勝利に貢献できるか。

 ポストシーズンでダルは3戦目の先発、マエケンは中継ぎが予定されているが、ともにプレーオフの成績はヒドい。

 ダルはレンジャーズ時代、12年と16年のポストシーズンで2試合、計11回3分の2に投げて10安打8失点、防御率5・40。マエケンは昨年、3試合、計10回3分の2に登板して12安打8失点、防御率6・75。そろって大一番に弱いうえ、ドジャース自体も世界一となると疑問符がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る