ダル&マエケン貢献できるか ド軍29年ぶり世界一への懸念

公開日:

 ア・リーグのワイルドカードゲームは、田中将大(28)のヤンキースがツインズを下してインディアンスとの地区シリーズへ。ナ・リーグは4日(日本時間5日)、ダイヤモンドバックスとロッキーズが戦い、勝者がドジャースとの地区シリーズに駒を進める。

 ドジャースは今季、西地区を独走して30球団ナンバーワンのシーズン104勝をマークした。ワールドシリーズに勝てば実に29年ぶり。ドジャースは、果たして世界一になれるか。ダルビッシュ有(31)と前田健太(29)はチームの勝利に貢献できるか。

 ポストシーズンでダルは3戦目の先発、マエケンは中継ぎが予定されているが、ともにプレーオフの成績はヒドい。

 ダルはレンジャーズ時代、12年と16年のポストシーズンで2試合、計11回3分の2に投げて10安打8失点、防御率5・40。マエケンは昨年、3試合、計10回3分の2に登板して12安打8失点、防御率6・75。そろって大一番に弱いうえ、ドジャース自体も世界一となると疑問符がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る