選手会長就任で先手か 巨人が探るエース菅野“流出阻止策”

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(28)が17日、9、10月度の月間MVPを受賞した。今季3度目で通算5度目。シーズン3度の受賞は、セの投手では1993年の山本昌広(中日)以来2人目、巨人の投手では史上初の快挙となる。

 今季は3位を争うチームにあって、シーズン最終盤もフル回転。9月以降、5試合に登板して4勝0敗、38イニングで自責点2(失点3)、2完投1完封、防御率0.47の成績を残した。「こういった賞はチームの勝ちにつながる。ただ、結果的にチームがこういう順位(4位)になってしまって力が及ばなかったところもある」と話した。

 日刊ゲンダイの既報通り、現会長の長野久義(32)から引き継ぎ、第20代の選手会長に就任することも決まった。これで名実ともに巨人の顔になる。

■内海は“巨人愛”を優先

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る