若返りと村田切り 巨人それでも“30億円補強”の愚かな中身

公開日: 更新日:

 巨人を自由契約となった村田修一(36)16日、ジャイアンツ球場を訪れ、荷物の整理を行った。「みんなと話ができた。気持ちを整理して前へ進みたい」とスッキリした表情で、「必要だという球団があると祈って生活したい」と現役続行を希望した。

 横浜から2012年にFA移籍。巨人に6年間在籍した。日大の後輩でもある長野らが目を真っ赤にして別れを惜しむ中、ある球団関係者の一人がこう嘆く。

「あの修一がクビなんて……。球団内に『修一ロス』にさいなまれている人間は結構います。あいつは裏方さんにも気を配れる男。めっちゃいいヤツだったのでショックです」

 今季は球団ワーストの13連敗を喫するなどBクラス4位。村田に戦力外通告を行った鹿取GMは「若返りを図るため。苦渋の決断」と説明していたが、FAの功労者を切り捨てた巨人が、本気で若手を使うかといえば、今回もかなり怪しい。すでに国内他球団の外国人やFAでの大補強を敢行すべく、水面下で動いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  5. 5

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  8. 8

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る