西武には“悪しき前例”が 雄星の来オフ入札ご破算の可能性

公開日:

 バラ色の未来がご破算となりかねない。

 今季、最多勝(16勝)で自身初のタイトルを獲得した西武の菊池雄星(26)。来季も2ケタ勝利なら球団からポスティングが認められ、悲願のメジャー挑戦がかなうといわれている。

 西武の鈴木本部長は、CS敗退が決まった16日、スポーツ紙の取材に「今オフのポスティングはない」という趣旨のコメントを出した。あくまで球団が照準を合わせているのは来オフだ。

 菊池も今から腕をぶしているだろうが、土壇場になって球団から「あの話はなかったことに」と約束を反故にされる可能性が出てきたのだ。

 今オフ、牧田(32)、炭谷(30)、野上(30)の3人が全員FA流出となれば、戦力はガタ落ちするからである。

 アンダースローの牧田は、リリーフとして今季58試合に登板。3勝3敗、28ホールド、防御率2.30と大車輪の活躍をした。当然、複数球団から引く手あまた。中でも熱心なのが巨人といわれ、年俸1億円の牧田に山ほどの札束を積むとみられている。争奪戦となれば、西武に勝ち目はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る