西武には“悪しき前例”が 雄星の来オフ入札ご破算の可能性

公開日: 更新日:

 バラ色の未来がご破算となりかねない。

 今季、最多勝(16勝)で自身初のタイトルを獲得した西武菊池雄星(26)。来季も2ケタ勝利なら球団からポスティングが認められ、悲願のメジャー挑戦がかなうといわれている。

 西武の鈴木本部長は、CS敗退が決まった16日、スポーツ紙の取材に「今オフのポスティングはない」という趣旨のコメントを出した。あくまで球団が照準を合わせているのは来オフだ。

 菊池も今から腕をぶしているだろうが、土壇場になって球団から「あの話はなかったことに」と約束を反故にされる可能性が出てきたのだ。

 今オフ、牧田(32)、炭谷(30)、野上(30)の3人が全員FA流出となれば、戦力はガタ落ちするからである。

 アンダースローの牧田は、リリーフとして今季58試合に登板。3勝3敗、28ホールド、防御率2.30と大車輪の活躍をした。当然、複数球団から引く手あまた。中でも熱心なのが巨人といわれ、年俸1億円の牧田に山ほどの札束を積むとみられている。争奪戦となれば、西武に勝ち目はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  9. 9

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  10. 10

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

もっと見る