今季わずか5勝のロッテ涌井に“メジャー”の文字が躍る理由

公開日: 更新日:

 ついに動きを見せた。

 FA権を再取得したロッテの涌井秀章(31)が、夢だったメジャー挑戦の準備段階として、チームの秋季練習期間中に始まるワールドシリーズを“視察”しに渡米するという。

 今季の涌井は5勝11敗、防御率3.99。お世辞にも褒められる数字ではない。53与四球(リーグワースト3位)と制球難も目立ち、7月には右足をつって緊急降板するアクシデントもあった。冴えない成績に、球界では「今季の成績でメジャー挑戦は無謀。好条件でオファーされる可能性は低い」という見方がほとんど。大リーグで評価のひとつとなる奪三振率(完投した場合の平均奪三振数)も、楽天の則本や西武の菊池が10を超えるのに対し、涌井は6.55しかない。

 それなのに、なぜ涌井はメジャー移籍に色気を持っているのか。理由のひとつは、涌井がアテにする「宣言残留」だ。そもそもロッテは、カネのかかる宣言残留を認めない球団だったが、15年オフに“潮目”が変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る