門倉健氏が指摘 「巨人はマシソン流出なら根幹揺らぐ」

公開日: 更新日:

「巨人は新外国人選手を補強する前に、マシソンの引き留めに全力を挙げるべきです。160キロの剛速球があってコントロールもいい。ハートが強くてイニングまたぎ登板もいとわない。文句ひとつ言わない献身性、チームや監督への忠誠心を持ち合わせている日本人以上に日本的な性格。今の巨人で最も代わりが利かない選手です」

 中日、横浜などで活躍した評論家の門倉健氏がこう指摘するのは、昨11日、成田空港から米国へ帰国した巨人のスコット・マシソン(33)のことである。

 巨人在籍6年目の今季は、59試合に登板して4勝4敗、防御率2・24。外国人投手としては史上初となる通算150ホールドを達成した。原前監督時代から「困った時のマシソン」と言われて投げまくってきた結果、6年間で359試合に登板した鉄腕だ。イニング数を超える432三振を奪い、絶対的セットアッパーとして勝利の方程式の一角を担い続けてきたが、巨人との契約は今季で切れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る