なぜ同組に 松山が70歳ジャンボ尾崎と「競演」の深謀遠慮

公開日: 更新日:

 不思議に思ったファンは少なくないだろう。

 16日に開幕する男子ゴルフのダンロップフェニックス(宮崎・フェニックスCC)に、主催者スポンサー契約を結ぶ松山英樹(25)が2年ぶりに参戦。当然、今季国内ツアー初登場の看板選手は、昨年覇者で今年の全米オープン優勝のB・ケプカ(27)に、もっか国内賞金レーストップを走る小平智(28)と同組で回るだろうと、ゴルフファンなら誰もが考える。

 ところが、予選ラウンド2日間で松山とプレーするのは、宮里優作(37)と尾崎将司(70)の2人と発表された。今季3勝で賞金ランク2位の宮里はまだしも、今季12試合で予選通過はゼロ、棄権5回の尾崎は松山の足手まといになるだけだ。

 今大会は、れっきとした国内ツアーであり、年末年始に放映されるバラエティー番組ではない。クラブを杖代わりにフェアウエーを歩くご老体を、今や世界のトッププレーヤーに成長した松山と同組にしたのはどういうわけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  2. 2

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る