国内停滞の元凶 女子プロに複数年シードの“特典”は必要か

公開日:

 国内の今季女子プロゴルフもあと2試合となり、賞金女王争いに関する報道も増えてきた。現在トップは鈴木愛の約1億2701万円。2位はキム・ハヌル(写真)の約1億1564万円(約1137万円差)。3位イ・ミニョンの約1億1027万円(約1674万円差)と続く。賞金女王になれば、翌年からシード権を手にするが、その年数は「実績」によって異なる。

 例えば、賞金女王だけなら3年シードだが、なおかつ同一年に年間4試合行われる公式戦(ワールドレディス、女子プロ、女子OP、ツアー選手権)のすべてに勝てばシードは何と15年。3勝10年、2勝7年、1勝5年となっている。今季の鈴木はここまで公式戦未勝利、キムはワールドレディスに勝っているから逆転賞金女王なら5年シードとなり、最終戦のツアー選手権にも勝てばシードは7年となる。

 複数年シードの特典を与えることは、レベルの高い米女子ツアーへの参戦を促す意味もある。しかし、10、11、14年女王のアン・ソンジュ、15、16年女王のイ・ボミ、公式戦優勝で複数年シードを手にした申ジエやキム・ハヌル、テレサ・ルーらは日本にとどまり毎年大金を稼いでいる。ちなみに鈴木愛も昨年の女子プロ選手権に勝って、すでに19年までのシード権を持っている。

 メジャーで二刀流をやりたい大谷は「お金じゃない」と移籍を決意したが、チャンスを生かさず国内でシコシコ賞金を稼ぐ志が低い女子プロに、複数年シードは必要ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る