国内停滞の元凶 女子プロに複数年シードの“特典”は必要か

公開日: 更新日:

 国内の今季女子プロゴルフもあと2試合となり、賞金女王争いに関する報道も増えてきた。現在トップは鈴木愛の約1億2701万円。2位はキム・ハヌル(写真)の約1億1564万円(約1137万円差)。3位イ・ミニョンの約1億1027万円(約1674万円差)と続く。賞金女王になれば、翌年からシード権を手にするが、その年数は「実績」によって異なる。

 例えば、賞金女王だけなら3年シードだが、なおかつ同一年に年間4試合行われる公式戦(ワールドレディス、女子プロ、女子OP、ツアー選手権)のすべてに勝てばシードは何と15年。3勝10年、2勝7年、1勝5年となっている。今季の鈴木はここまで公式戦未勝利、キムはワールドレディスに勝っているから逆転賞金女王なら5年シードとなり、最終戦のツアー選手権にも勝てばシードは7年となる。

 複数年シードの特典を与えることは、レベルの高い米女子ツアーへの参戦を促す意味もある。しかし、10、11、14年女王のアン・ソンジュ、15、16年女王のイ・ボミ、公式戦優勝で複数年シードを手にした申ジエやキム・ハヌル、テレサ・ルーらは日本にとどまり毎年大金を稼いでいる。ちなみに鈴木愛も昨年の女子プロ選手権に勝って、すでに19年までのシード権を持っている。

 メジャーで二刀流をやりたい大谷は「お金じゃない」と移籍を決意したが、チャンスを生かさず国内でシコシコ賞金を稼ぐ志が低い女子プロに、複数年シードは必要ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  2. 2
    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

  3. 3
    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

  4. 4
    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

  5. 5
    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

もっと見る

  1. 6
    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

  2. 7
    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

  3. 8
    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

  4. 9
    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

  5. 10
    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前

    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前