小平智が今季2勝目 大きかった“姉さん女房”古閑美保の功

公開日: 更新日:

【三井住友VISA太平洋マスターズ】

 3打差3位タイ発進の小平智(28)が3連続を含む8バーディー、1ボギーの65で回り、逆転で今季2勝目を挙げた。

 優勝賞金4000万円を上積みして1億5455万円になり、2位宮里優作(37)とは1962万円差の賞金ランク首位に躍り出た。

 だが会見では、「賞金王よりも世界ランク(WR)50位内に入って来年のマスターズ出場と、世界で頂点を目指していきたい」(小平)と目標を語った。

 昔は日本の賞金王がマスターズ委員会から招待されるという暗黙の了解があった。ところが、松山英樹(25)がWR資格で毎年出場するようになってから賞金王は招待されなくなった。だから小平のWR50位内を目指すのは大正解なのだ。ちなみに今大会優勝で小平はWR62位から54位前後に上昇する見込みで、50位内入りにはさらにポイントを稼ぐ必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る