山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

通算100Hまであと6 巨人上原の名球会入りで考えた重大問題

公開日:

 先日、日本プロ野球名球会の山本浩二理事長が「100勝、100S、100H」を新たな入会条件として協議していることを明かした。現在この条件には巨人の上原浩治が迫っており(残り6H)、つまり彼を名球会に入れたいがための恣意的な変革なのだろう。

 確かに、上原ほど先発、中継ぎ、抑えの全分野で高い実績を残し、さらに日米で活躍した投手は他に類を見ないのだから、彼に相応の名誉や勲章を与えたいという心理はよく理解できる。ましてや、近年は投手の分業制やMLB移籍などにより、投手の名球会入りが減少しているのだ。

 そんな現状をテコ入れすべく、「投手の入会条件のひとつである200勝を170勝程度に下げるべき」といった声をしばしば見聞きするが、私としては従来の基準値を下げるよりも今回のように新基準を加えるほうが受け入れやすい。基準値を下げるというのは、どうしてもダウンサイジングやご都合主義の印象を残してしまう。投手の分業制という時代の変化に応じるなら、先発投手の勝ち星が減ったかわりに重要度が増した中継ぎ、抑えに光を当てるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る