山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

通算100Hまであと6 巨人上原の名球会入りで考えた重大問題

公開日:

 先日、日本プロ野球名球会の山本浩二理事長が「100勝、100S、100H」を新たな入会条件として協議していることを明かした。現在この条件には巨人の上原浩治が迫っており(残り6H)、つまり彼を名球会に入れたいがための恣意的な変革なのだろう。

 確かに、上原ほど先発、中継ぎ、抑えの全分野で高い実績を残し、さらに日米で活躍した投手は他に類を見ないのだから、彼に相応の名誉や勲章を与えたいという心理はよく理解できる。ましてや、近年は投手の分業制やMLB移籍などにより、投手の名球会入りが減少しているのだ。

 そんな現状をテコ入れすべく、「投手の入会条件のひとつである200勝を170勝程度に下げるべき」といった声をしばしば見聞きするが、私としては従来の基準値を下げるよりも今回のように新基準を加えるほうが受け入れやすい。基準値を下げるというのは、どうしてもダウンサイジングやご都合主義の印象を残してしまう。投手の分業制という時代の変化に応じるなら、先発投手の勝ち星が減ったかわりに重要度が増した中継ぎ、抑えに光を当てるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る