大谷207億円、清宮は62億円? 気になる「経済効果」の明暗

公開日:

 大谷翔平(23)の活躍で連日、大賑わいだ。

 昨年末、大谷のエンゼルス入団の経済効果が207億5000万円とする報告書(関西大学・宮本勝浩名誉教授)が話題になった。これは日本ハムと大谷が獲得する契約金やエンゼルスが得る収入や球場周辺の飲食費などさまざまな利益が計算されているが、この額を超えそうな勢いで関連業界まで大喜び。エンゼルスと契約している企業など“大谷関連株”が上がったというし、試合観戦込みのアナハイム行きのツアーが「これまでにないくらいの引きの強さ」(某旅行会社)で伸びている。

 GWにはエンゼルスとイチローが戻ったマリナーズとの試合が行われるが、シアトルへのツアーは伸び率ランキングで圏外から急上昇。「大谷は米広告業界のスーパースターになる」と経済誌フォーブスは持ち上げた。二刀流という夢を与えるアメリカンドリームはかつてのバリー・ボンズやマイケル・ジョーダン並みの効果があるかもしれない。大谷のサイン入りカードがネット競売で6725ドル(約72万円)で取引されたことも話題だ。今後は日本人対決やオールスター戦などNHKと民放の争奪戦も始まりそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る