大谷207億円、清宮は62億円? 気になる「経済効果」の明暗

公開日:

 大谷翔平(23)の活躍で連日、大賑わいだ。

 昨年末、大谷のエンゼルス入団の経済効果が207億5000万円とする報告書(関西大学・宮本勝浩名誉教授)が話題になった。これは日本ハムと大谷が獲得する契約金やエンゼルスが得る収入や球場周辺の飲食費などさまざまな利益が計算されているが、この額を超えそうな勢いで関連業界まで大喜び。エンゼルスと契約している企業など“大谷関連株”が上がったというし、試合観戦込みのアナハイム行きのツアーが「これまでにないくらいの引きの強さ」(某旅行会社)で伸びている。

 GWにはエンゼルスとイチローが戻ったマリナーズとの試合が行われるが、シアトルへのツアーは伸び率ランキングで圏外から急上昇。「大谷は米広告業界のスーパースターになる」と経済誌フォーブスは持ち上げた。二刀流という夢を与えるアメリカンドリームはかつてのバリー・ボンズやマイケル・ジョーダン並みの効果があるかもしれない。大谷のサイン入りカードがネット競売で6725ドル(約72万円)で取引されたことも話題だ。今後は日本人対決やオールスター戦などNHKと民放の争奪戦も始まりそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る