• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷207億円、清宮は62億円? 気になる「経済効果」の明暗

 大谷翔平(23)の活躍で連日、大賑わいだ。

 昨年末、大谷のエンゼルス入団の経済効果が207億5000万円とする報告書(関西大学・宮本勝浩名誉教授)が話題になった。これは日本ハムと大谷が獲得する契約金やエンゼルスが得る収入や球場周辺の飲食費などさまざまな利益が計算されているが、この額を超えそうな勢いで関連業界まで大喜び。エンゼルスと契約している企業など“大谷関連株”が上がったというし、試合観戦込みのアナハイム行きのツアーが「これまでにないくらいの引きの強さ」(某旅行会社)で伸びている。

 GWにはエンゼルスとイチローが戻ったマリナーズとの試合が行われるが、シアトルへのツアーは伸び率ランキングで圏外から急上昇。「大谷は米広告業界のスーパースターになる」と経済誌フォーブスは持ち上げた。二刀流という夢を与えるアメリカンドリームはかつてのバリー・ボンズやマイケル・ジョーダン並みの効果があるかもしれない。大谷のサイン入りカードがネット競売で6725ドル(約72万円)で取引されたことも話題だ。今後は日本人対決やオールスター戦などNHKと民放の争奪戦も始まりそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る