• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷207億円、清宮は62億円? 気になる「経済効果」の明暗

 大谷翔平(23)の活躍で連日、大賑わいだ。

 昨年末、大谷のエンゼルス入団の経済効果が207億5000万円とする報告書(関西大学・宮本勝浩名誉教授)が話題になった。これは日本ハムと大谷が獲得する契約金やエンゼルスが得る収入や球場周辺の飲食費などさまざまな利益が計算されているが、この額を超えそうな勢いで関連業界まで大喜び。エンゼルスと契約している企業など“大谷関連株”が上がったというし、試合観戦込みのアナハイム行きのツアーが「これまでにないくらいの引きの強さ」(某旅行会社)で伸びている。

 GWにはエンゼルスとイチローが戻ったマリナーズとの試合が行われるが、シアトルへのツアーは伸び率ランキングで圏外から急上昇。「大谷は米広告業界のスーパースターになる」と経済誌フォーブスは持ち上げた。二刀流という夢を与えるアメリカンドリームはかつてのバリー・ボンズやマイケル・ジョーダン並みの効果があるかもしれない。大谷のサイン入りカードがネット競売で6725ドル(約72万円)で取引されたことも話題だ。今後は日本人対決やオールスター戦などNHKと民放の争奪戦も始まりそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る