5安打3失点で逆転許す…巨人上原は開幕10試合でヘロヘロ

公開日: 更新日:

 これまで4試合で無安打無失点だった巨人の上原浩治(43)が初めて打たれた。

 10日のDeNA戦。1点リードの八回から2番手で登板すると、先頭の大和に左前打。筒香は抑えたものの、ロペスに中前打。宮崎にも中前に運ばれ、同点に追い付かれた。

 さらに乙坂も中前打で1死満塁のピンチを招き、嶺井には左越えの2点二塁打を浴びて4連打3失点のKO劇。上原は初黒星を喫した。

 巨人で投手コーチを務めた評論家の高橋善正氏がこう言う。

「10試合で5試合目というのは登板過多。これまでの4試合は安打を許さずに完璧だっただけに忘れがちだが、もう43歳。生命線のスプリットは全体的に高く、鋭さもなかった。低めのスプリットは見極められ、いつもなら空振りが取れる130キロ台後半の直球も難なくはじき返された。上原本来のキレがなかったのは、疲れが原因ではないか。首脳陣は完全無欠だと思っていたかもしれないが、ほぼ準備期間もなく、緊急入団したベテラン。いつまでもスタミナが続くとは思えません。勝ち試合の救援陣は現状4人。先発ローテーションのように、休ませながら起用していかないと、こうなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る