• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5安打3失点で逆転許す…巨人上原は開幕10試合でヘロヘロ

 これまで4試合で無安打無失点だった巨人の上原浩治(43)が初めて打たれた。

 10日のDeNA戦。1点リードの八回から2番手で登板すると、先頭の大和に左前打。筒香は抑えたものの、ロペスに中前打。宮崎にも中前に運ばれ、同点に追い付かれた。

 さらに乙坂も中前打で1死満塁のピンチを招き、嶺井には左越えの2点二塁打を浴びて4連打3失点のKO劇。上原は初黒星を喫した。

 巨人で投手コーチを務めた評論家の高橋善正氏がこう言う。

「10試合で5試合目というのは登板過多。これまでの4試合は安打を許さずに完璧だっただけに忘れがちだが、もう43歳。生命線のスプリットは全体的に高く、鋭さもなかった。低めのスプリットは見極められ、いつもなら空振りが取れる130キロ台後半の直球も難なくはじき返された。上原本来のキレがなかったのは、疲れが原因ではないか。首脳陣は完全無欠だと思っていたかもしれないが、ほぼ準備期間もなく、緊急入団したベテラン。いつまでもスタミナが続くとは思えません。勝ち試合の救援陣は現状4人。先発ローテーションのように、休ませながら起用していかないと、こうなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る