5安打3失点で逆転許す…巨人上原は開幕10試合でヘロヘロ

公開日:  更新日:

 これまで4試合で無安打無失点だった巨人の上原浩治(43)が初めて打たれた。

 10日のDeNA戦。1点リードの八回から2番手で登板すると、先頭の大和に左前打。筒香は抑えたものの、ロペスに中前打。宮崎にも中前に運ばれ、同点に追い付かれた。

 さらに乙坂も中前打で1死満塁のピンチを招き、嶺井には左越えの2点二塁打を浴びて4連打3失点のKO劇。上原は初黒星を喫した。

 巨人で投手コーチを務めた評論家の高橋善正氏がこう言う。

「10試合で5試合目というのは登板過多。これまでの4試合は安打を許さずに完璧だっただけに忘れがちだが、もう43歳。生命線のスプリットは全体的に高く、鋭さもなかった。低めのスプリットは見極められ、いつもなら空振りが取れる130キロ台後半の直球も難なくはじき返された。上原本来のキレがなかったのは、疲れが原因ではないか。首脳陣は完全無欠だと思っていたかもしれないが、ほぼ準備期間もなく、緊急入団したベテラン。いつまでもスタミナが続くとは思えません。勝ち試合の救援陣は現状4人。先発ローテーションのように、休ませながら起用していかないと、こうなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る