5安打3失点で逆転許す…巨人上原は開幕10試合でヘロヘロ

公開日: 更新日:

 これまで4試合で無安打無失点だった巨人上原浩治(43)が初めて打たれた。

 10日のDeNA戦。1点リードの八回から2番手で登板すると、先頭の大和に左前打。筒香は抑えたものの、ロペスに中前打。宮崎にも中前に運ばれ、同点に追い付かれた。

 さらに乙坂も中前打で1死満塁のピンチを招き、嶺井には左越えの2点二塁打を浴びて4連打3失点のKO劇。上原は初黒星を喫した。

 巨人で投手コーチを務めた評論家の高橋善正氏がこう言う。

「10試合で5試合目というのは登板過多。これまでの4試合は安打を許さずに完璧だっただけに忘れがちだが、もう43歳。生命線のスプリットは全体的に高く、鋭さもなかった。低めのスプリットは見極められ、いつもなら空振りが取れる130キロ台後半の直球も難なくはじき返された。上原本来のキレがなかったのは、疲れが原因ではないか。首脳陣は完全無欠だと思っていたかもしれないが、ほぼ準備期間もなく、緊急入団したベテラン。いつまでもスタミナが続くとは思えません。勝ち試合の救援陣は現状4人。先発ローテーションのように、休ませながら起用していかないと、こうなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る