“飛ぶボール騒動”張本人が巨人激励と計8本塁打の因果関係

公開日:  更新日:

 巨人は4番の筒香に3被弾するなど、16年9月23日のDeNA戦以来となる1試合6本塁打を浴びた。

 元凶は先発の野上亮磨(30)だ。筒香に2発、五回には梶谷に2ランを浴びて3被弾。今季10本目の被本塁打となり、同僚の田口と並び、リーグワーストとなった。高橋由伸監督は「内容はいいとは言えない。他はそんなに打たれてないんだから、方法はあるはず」とムッツリである。

 それにしてもよく飛んだ。巨人の2得点も長野と岡本のソロ2発。この試合だけで計8本塁打が乱れ飛んだのだ。

 試合前には加藤良三元コミッショナーが家族と共に巨人ベンチを訪れ、由伸監督やナインを激励。2011年に「飛ばない統一球」を導入した人物だが、秘密裏に「飛ぶ統一球」へと仕様変更されていた「飛ぶボール騒動」で、13年限りでコミッショナーを引責辞任した。

 そんな元コミッショナーの前でド派手なホームランショーが演じられた皮肉。次から次へとスタンドに飛び込む打球を複雑な気持ちで見ていたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る