“飛ぶボール騒動”張本人が巨人激励と計8本塁打の因果関係

公開日:  更新日:

 巨人は4番の筒香に3被弾するなど、16年9月23日のDeNA戦以来となる1試合6本塁打を浴びた。

 元凶は先発の野上亮磨(30)だ。筒香に2発、五回には梶谷に2ランを浴びて3被弾。今季10本目の被本塁打となり、同僚の田口と並び、リーグワーストとなった。高橋由伸監督は「内容はいいとは言えない。他はそんなに打たれてないんだから、方法はあるはず」とムッツリである。

 それにしてもよく飛んだ。巨人の2得点も長野と岡本のソロ2発。この試合だけで計8本塁打が乱れ飛んだのだ。

 試合前には加藤良三元コミッショナーが家族と共に巨人ベンチを訪れ、由伸監督やナインを激励。2011年に「飛ばない統一球」を導入した人物だが、秘密裏に「飛ぶ統一球」へと仕様変更されていた「飛ぶボール騒動」で、13年限りでコミッショナーを引責辞任した。

 そんな元コミッショナーの前でド派手なホームランショーが演じられた皮肉。次から次へとスタンドに飛び込む打球を複雑な気持ちで見ていたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る