“飛ぶボール騒動”張本人が巨人激励と計8本塁打の因果関係

公開日: 更新日:

 巨人は4番の筒香に3被弾するなど、16年9月23日のDeNA戦以来となる1試合6本塁打を浴びた。

 元凶は先発の野上亮磨(30)だ。筒香に2発、五回には梶谷に2ランを浴びて3被弾。今季10本目の被本塁打となり、同僚の田口と並び、リーグワーストとなった。高橋由伸監督は「内容はいいとは言えない。他はそんなに打たれてないんだから、方法はあるはず」とムッツリである。

 それにしてもよく飛んだ。巨人の2得点も長野と岡本のソロ2発。この試合だけで計8本塁打が乱れ飛んだのだ。

 試合前には加藤良三元コミッショナーが家族と共に巨人ベンチを訪れ、由伸監督やナインを激励。2011年に「飛ばない統一球」を導入した人物だが、秘密裏に「飛ぶ統一球」へと仕様変更されていた「飛ぶボール騒動」で、13年限りでコミッショナーを引責辞任した。

 そんな元コミッショナーの前でド派手なホームランショーが演じられた皮肉。次から次へとスタンドに飛び込む打球を複雑な気持ちで見ていたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る