主軸に定着し打撃好調 年俸1200万円のG岡本は来季いくらに

公開日: 更新日:

「6000万円、いや、一気に7000万円までいくんじゃないか」

 気の早い話だが、巨人ナインは今、こんな話で盛り上がっている。

 高卒4年目にして才能開花、レギュラーどころかクリーンアップに完全定着した岡本和真(21)の来季の年俸である。

 12対4と大勝した16日のヤクルト戦は4打数1安打と目立たなかったものの、打率.345は堂々のリーグ4位。26打点は同5位、7本塁打は同5位タイと目覚ましい働きだ。このままバットが湿らなければ、今季の年俸1200万円がナンボになるのか、確かに気になるところではある。

■ゴジラ松井の昇給率が根拠に

 ナインがウワサする6000万円は、松井秀喜の昇給率が根拠になっている。松井は打率.294、20本塁打、66打点の成績を残した2年目のオフ、1900万円だった年俸が一気に6200万円になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る