決勝プロ1号で5勝目 G菅野の完全復調に「球団複雑」のワケ

公開日:

 巨人の菅野智之(28)が30イニングぶりに点を取られた。

 18日のDeNA戦に先発。連続無失点記録を計29回3分の2まで伸ばしたが、2016年の自身や1989年の斎藤雅樹(現投手総合コーチ)らに並ぶ30イニング目前の三回、筒香に2ランを浴びた。

 しかし、エースは引き下がらない。同点とされた後の五回、先頭打者として打席に入ると、プロ6年目で初となる本塁打を左翼席へ。自らを助ける勝ち越し弾を含む2安打でバットでも貢献。6回3失点で5勝目(2敗)を挙げ、「ホームランはうれしい」と白い歯を見せれば、高橋由伸監督(43)も「いい打撃をしているんで、いつか打ってくれると思っていた」とエースを称えた。

■年俸どれだけ上がるのか問題

 斎藤投手総合コーチが「最初の連敗は何だったんだろうね」と首をひねる開幕からの2連敗。そこから、3完投勝利を含む破竹の5連勝となった。一時、先発陣が苦しい時期があったものの、エースの復調に現場は一安心。が、複雑な表情を浮かべる球団関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る