• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

決勝プロ1号で5勝目 G菅野の完全復調に「球団複雑」のワケ

 巨人の菅野智之(28)が30イニングぶりに点を取られた。

 18日のDeNA戦に先発。連続無失点記録を計29回3分の2まで伸ばしたが、2016年の自身や1989年の斎藤雅樹(現投手総合コーチ)らに並ぶ30イニング目前の三回、筒香に2ランを浴びた。

 しかし、エースは引き下がらない。同点とされた後の五回、先頭打者として打席に入ると、プロ6年目で初となる本塁打を左翼席へ。自らを助ける勝ち越し弾を含む2安打でバットでも貢献。6回3失点で5勝目(2敗)を挙げ、「ホームランはうれしい」と白い歯を見せれば、高橋由伸監督(43)も「いい打撃をしているんで、いつか打ってくれると思っていた」とエースを称えた。

■年俸どれだけ上がるのか問題

 斎藤投手総合コーチが「最初の連敗は何だったんだろうね」と首をひねる開幕からの2連敗。そこから、3完投勝利を含む破竹の5連勝となった。一時、先発陣が苦しい時期があったものの、エースの復調に現場は一安心。が、複雑な表情を浮かべる球団関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る