決勝プロ1号で5勝目 G菅野の完全復調に「球団複雑」のワケ

公開日:

 巨人の菅野智之(28)が30イニングぶりに点を取られた。

 18日のDeNA戦に先発。連続無失点記録を計29回3分の2まで伸ばしたが、2016年の自身や1989年の斎藤雅樹(現投手総合コーチ)らに並ぶ30イニング目前の三回、筒香に2ランを浴びた。

 しかし、エースは引き下がらない。同点とされた後の五回、先頭打者として打席に入ると、プロ6年目で初となる本塁打を左翼席へ。自らを助ける勝ち越し弾を含む2安打でバットでも貢献。6回3失点で5勝目(2敗)を挙げ、「ホームランはうれしい」と白い歯を見せれば、高橋由伸監督(43)も「いい打撃をしているんで、いつか打ってくれると思っていた」とエースを称えた。

■年俸どれだけ上がるのか問題

 斎藤投手総合コーチが「最初の連敗は何だったんだろうね」と首をひねる開幕からの2連敗。そこから、3完投勝利を含む破竹の5連勝となった。一時、先発陣が苦しい時期があったものの、エースの復調に現場は一安心。が、複雑な表情を浮かべる球団関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る