ルーキー高橋遥が2勝目 金本監督の脳裏から藤浪が消える日

公開日:  更新日:

 金本監督がゾッコンの新人がまたまた評価を上げた。

 4試合目の登板となったルーキー左腕の高橋遥人(22、亜大)が18日の中日戦に登板。プロ入り最長の7回3分の2を投げて桑原にマウンドを譲るも、5安打7奪三振1失点で2勝目を挙げた。

「(捕手の)梅野さんが引っ張ってくれて、守備の人もいい当たりを何球も捕ってくれたので楽に投げられました」(高橋)

 1月の合同自主トレから金本監督はこの左腕にぞっこん。左肩の筋力に不安がありながらも、オープン戦で結果を残したため、開幕ローテ入りも検討された。が、金本監督は「その時」を待った。

 阪神は今季、「藤浪の復活なくして優勝なし」と言われている。金本監督は藤浪を開幕ローテに入れたものの、当初から不安を持っていたという。案の定、今季初登板の巨人戦で5回3分の0を6安打5四球4失点とピリッとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る