火だるまになったドラ1候補 東洋大・上茶谷が“買い”の理由

公開日:

 ドラフト1位候補の右腕・東洋大の上茶谷大河(京都学園高)が15日の立正大戦で五回途中6安打7失点。火だるまになってKOされたから、ネット裏の同僚はため息をついていた。

 上茶谷はストレートの球速が150キロを超す本格派。スピンの利いた速球とスライダー、チェンジアップを武器に4日の駒大戦ではリーグ新記録となる20奪三振をマークした東洋大のエースだ。同僚の甲斐野、梅津と並んでドラフト上位で消えるのは確実視されていた。

 ウチの球団のエラいさんなんて、普段は仏頂面のくせに、話題が上茶谷になると、「データも秀逸だね」なんてニコニコしていた。それが、ボカスカ打たれたと報告を受けた途端、苦虫を噛み潰したような表情に変わったっていうからね。

 ウチのドラフト戦略もひょっとしたら大きく変わるかもしれないなんて思ってたら、部長が水を向けてきたよ。「上茶谷のKOをどう見る?」ってね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る