火だるまになったドラ1候補 東洋大・上茶谷が“買い”の理由

公開日:

 ドラフト1位候補の右腕・東洋大の上茶谷大河(京都学園高)が15日の立正大戦で五回途中6安打7失点。火だるまになってKOされたから、ネット裏の同僚はため息をついていた。

 上茶谷はストレートの球速が150キロを超す本格派。スピンの利いた速球とスライダー、チェンジアップを武器に4日の駒大戦ではリーグ新記録となる20奪三振をマークした東洋大のエースだ。同僚の甲斐野、梅津と並んでドラフト上位で消えるのは確実視されていた。

 ウチの球団のエラいさんなんて、普段は仏頂面のくせに、話題が上茶谷になると、「データも秀逸だね」なんてニコニコしていた。それが、ボカスカ打たれたと報告を受けた途端、苦虫を噛み潰したような表情に変わったっていうからね。

 ウチのドラフト戦略もひょっとしたら大きく変わるかもしれないなんて思ってたら、部長が水を向けてきたよ。「上茶谷のKOをどう見る?」ってね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る