プロ野球選手のイロハも勉強 清宮幸太郎の二軍生活奮闘記

公開日:  更新日:

 14日の楽天二軍戦で1試合2本塁打。二軍降格後は11戦9発と驚異的なペースでアーチを量産している清宮幸太郎(19)は今、技術だけでなくプロ野球選手としての「イロハ」を学んでいる。

 開幕直前に「高校からプロの世界に入って、社会人としてまだまだ未熟」と話すこともあった清宮はルーキーとして、道具運びなどの雑用を率先してやらなければいけない。先輩選手からこうした決まりごとを教わるだけでなく、社会人としての素養も学んでいるのだ。

■2人の教育係

 荒木二軍監督が担当コーチの許可を得て、清宮の「教育係」に任命したのは、高卒2年目捕手の郡拓也(20=帝京)、内野手の今井順之助(20=中京)の2人。清宮にはアップ後のトンボを使ったグラウンド慣らしや、ベンチの拭き掃除などといったことを教えている。荒木二軍監督は彼らに「清宮ができなかったら、おまえたちの責任にする」と告げたそうだ。早実でノビノビやってきた清宮の教育係として、野球強豪校の厳しい環境で鍛えられた2人は適役だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る