• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ野球選手のイロハも勉強 清宮幸太郎の二軍生活奮闘記

 14日の楽天二軍戦で1試合2本塁打。二軍降格後は11戦9発と驚異的なペースでアーチを量産している清宮幸太郎(19)は今、技術だけでなくプロ野球選手としての「イロハ」を学んでいる。

 開幕直前に「高校からプロの世界に入って、社会人としてまだまだ未熟」と話すこともあった清宮はルーキーとして、道具運びなどの雑用を率先してやらなければいけない。先輩選手からこうした決まりごとを教わるだけでなく、社会人としての素養も学んでいるのだ。

■2人の教育係

 荒木二軍監督が担当コーチの許可を得て、清宮の「教育係」に任命したのは、高卒2年目捕手の郡拓也(20=帝京)、内野手の今井順之助(20=中京)の2人。清宮にはアップ後のトンボを使ったグラウンド慣らしや、ベンチの拭き掃除などといったことを教えている。荒木二軍監督は彼らに「清宮ができなかったら、おまえたちの責任にする」と告げたそうだ。早実でノビノビやってきた清宮の教育係として、野球強豪校の厳しい環境で鍛えられた2人は適役だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る