清宮一軍昇格のカギは“長打” 求められるは安打より本塁打

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(19)は二軍降格後、8戦6発の固め打ちで、二軍トップの10本塁打をマークしている。

 一方で、打率は.247。全21安打中、半分が本塁打という極端な成績になっている。1試合で4~5打席立って1安打、その1本が本塁打という日も少なくない。さる日本ハムOBがこう言う。

「二軍でもう少し確実性を身につけることも大事ですが、清宮の最大の武器はツボにはまれば外野フェンスを軽々と越す長打力。栗山監督は、一軍、二軍を問わず、清宮に多くの打席を経験させたい。次に一軍に上がっても、スタメンで4打席以上立つことが多くなるはず。打率の低さには目をつむっても、本塁打、長打が求められるでしょう」

 日本ハムは現在、首位西武と3ゲーム差の2位。3位ソフトバンクとは1.5ゲーム差となっている。チーム防御率3.63はその2球団を上回り、投手力では負けていないだけに、優勝するためには打線のさらなる奮起が求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る