日ハム清宮は“複数守備”が必須 東京五輪へ侍指揮官が言及

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(19)が5日のDeNA二軍戦に、3番左翼でスタメン出場。七回からは一塁に回り、初めて複数ポジションを守った。

 これまで経験のない左翼守備に挑戦する清宮について、継続的に成長を見守っているのは侍ジャパンの稲葉監督。日本ハムのアリゾナキャンプ視察はもちろん、シーズンが始まっても楽天の捕手・嶋などに清宮の印象を尋ねている。この日は、雨天中止になった広島―日本ハム戦の試合前に栗山監督らと会話。報道陣にも清宮の話題に言及していた。

 稲葉監督は20年東京五輪で指揮を執る。栗山監督も清宮の東京五輪出場を願っている。清宮が五輪までに年間30発、40発の本塁打を打てる選手になっていれば文句なしに代表に選ばれるだろうが、金メダルが至上命令となっている上に、高卒3年目の選手が実績十分の先輩たちを差し置いて日の丸のユニホームをまとうには、相当ハードルは高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る