日ハム清宮は“複数守備”が必須 東京五輪へ侍指揮官が言及

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(19)が5日のDeNA二軍戦に、3番左翼でスタメン出場。七回からは一塁に回り、初めて複数ポジションを守った。

 これまで経験のない左翼守備に挑戦する清宮について、継続的に成長を見守っているのは侍ジャパンの稲葉監督。日本ハムのアリゾナキャンプ視察はもちろん、シーズンが始まっても楽天の捕手・嶋などに清宮の印象を尋ねている。この日は、雨天中止になった広島―日本ハム戦の試合前に栗山監督らと会話。報道陣にも清宮の話題に言及していた。

 稲葉監督は20年東京五輪で指揮を執る。栗山監督も清宮の東京五輪出場を願っている。清宮が五輪までに年間30発、40発の本塁打を打てる選手になっていれば文句なしに代表に選ばれるだろうが、金メダルが至上命令となっている上に、高卒3年目の選手が実績十分の先輩たちを差し置いて日の丸のユニホームをまとうには、相当ハードルは高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る