降格後は9戦7発…清宮“二軍以上・一軍以下”の現実的課題

公開日:  更新日:

「ビックリしました。久々に芯で打てた感じ。打った瞬間に本塁打になると思った」

 清宮幸太郎(19)が7日のDeNA二軍戦で、右腕・熊原のカーブにうまく反応。右翼場外へ消える特大の10号3ランを放った。

 5月28日に二軍落ちしてからこれで8戦6発。前日、雨天ノーゲームでも“幻の本塁打”を放っており、実質9戦7発の大当たりだ。一軍再昇格も現実味を増しつつあるが、それでも清宮は「二軍で本塁打をどれだけ打とうが仕方がないので」と、浮かれる様子はなかった。

 打撃はもはや、二軍レベルの投手相手では敵なしといっていい。当初は木製バットになかなか慣れず、苦しんだ時期もあった。「とらえたと思ってもファウルになる」と漏らしていたが、この日の本塁打は、打った球と同じカーブを空振りした直後に、タイミングの取り方を微調整して見事にとらえた。「このところ、いい感じに詰まっている」と独特の表現で手応えを口にした。しっかり角度をつけて打てているということなのだろう。荒木二軍監督も「ああいうところで反応できるのが凄い」と褒めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る