日ハム清宮に一軍再昇格プラン 近藤「二塁配転」に現実味

公開日: 更新日:

 二軍で8戦6本塁打の清宮幸太郎(19=日本ハム)が、12日の阪神戦から一軍に再昇格するプランがある。

 敵地の交流戦は今週末まで。12日以降はDHが使えるようになる。出場の幅が広がるため、打撃好調の清宮を再び一軍に昇格させようという構想だ。

 とはいえ、清宮のポジションである一塁、左翼、DHには、中田とアルシアと近藤がいる。

 ここまで左太もも裏の張りでほとんど代打出場だったアルシアが、8日のDeNA戦は5月11日以来のスタメン出場。ケガも癒えて、打率・343の近藤が押し出される形でベンチスタートだった。仮に清宮が昇格したらどこを守るのか。

 日本ハムのOBは「近藤の二塁コンバートですよ」と、こう続ける。

「昨年のキャンプやオープン戦では実際に二塁を守ったし、今年は捕手への再コンバートが検討されたほど。かつて送球イップスで捕手失格の烙印を押された近藤を本気で元に戻そうとしたくらいだから、とにかく打撃を生かしたいのです。近藤を二塁に回せば、清宮を一塁か左翼かDHで使えますからね」

 8日のDeNA戦に二塁手としてスタメン出場した横尾にしても打撃を買われているわけで、守備はお世辞にもうまいとはいえない。今年の日本ハムは明らかに「打撃優先」。ミスでどれだけ点を失っても、清宮の不慣れな左翼守備に目をつぶっても、打ち勝つ野球を目指すということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る