日ハム清宮に一軍再昇格プラン 近藤「二塁配転」に現実味

公開日:

 二軍で8戦6本塁打の清宮幸太郎(19=日本ハム)が、12日の阪神戦から一軍に再昇格するプランがある。

 敵地の交流戦は今週末まで。12日以降はDHが使えるようになる。出場の幅が広がるため、打撃好調の清宮を再び一軍に昇格させようという構想だ。

 とはいえ、清宮のポジションである一塁、左翼、DHには、中田とアルシアと近藤がいる。

 ここまで左太もも裏の張りでほとんど代打出場だったアルシアが、8日のDeNA戦は5月11日以来のスタメン出場。ケガも癒えて、打率・343の近藤が押し出される形でベンチスタートだった。仮に清宮が昇格したらどこを守るのか。

 日本ハムのOBは「近藤の二塁コンバートですよ」と、こう続ける。

「昨年のキャンプやオープン戦では実際に二塁を守ったし、今年は捕手への再コンバートが検討されたほど。かつて送球イップスで捕手失格の烙印を押された近藤を本気で元に戻そうとしたくらいだから、とにかく打撃を生かしたいのです。近藤を二塁に回せば、清宮を一塁か左翼かDHで使えますからね」

 8日のDeNA戦に二塁手としてスタメン出場した横尾にしても打撃を買われているわけで、守備はお世辞にもうまいとはいえない。今年の日本ハムは明らかに「打撃優先」。ミスでどれだけ点を失っても、清宮の不慣れな左翼守備に目をつぶっても、打ち勝つ野球を目指すということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る