日ハム清宮に一軍再昇格プラン 近藤「二塁配転」に現実味

公開日: 更新日:

 二軍で8戦6本塁打の清宮幸太郎(19=日本ハム)が、12日の阪神戦から一軍に再昇格するプランがある。

 敵地の交流戦は今週末まで。12日以降はDHが使えるようになる。出場の幅が広がるため、打撃好調の清宮を再び一軍に昇格させようという構想だ。

 とはいえ、清宮のポジションである一塁、左翼、DHには、中田とアルシアと近藤がいる。

 ここまで左太もも裏の張りでほとんど代打出場だったアルシアが、8日のDeNA戦は5月11日以来のスタメン出場。ケガも癒えて、打率・343の近藤が押し出される形でベンチスタートだった。仮に清宮が昇格したらどこを守るのか。

 日本ハムのOBは「近藤の二塁コンバートですよ」と、こう続ける。

「昨年のキャンプやオープン戦では実際に二塁を守ったし、今年は捕手への再コンバートが検討されたほど。かつて送球イップスで捕手失格の烙印を押された近藤を本気で元に戻そうとしたくらいだから、とにかく打撃を生かしたいのです。近藤を二塁に回せば、清宮を一塁か左翼かDHで使えますからね」

 8日のDeNA戦に二塁手としてスタメン出場した横尾にしても打撃を買われているわけで、守備はお世辞にもうまいとはいえない。今年の日本ハムは明らかに「打撃優先」。ミスでどれだけ点を失っても、清宮の不慣れな左翼守備に目をつぶっても、打ち勝つ野球を目指すということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か