男子400m自で初Vの吉田 東京五輪メダルでも将来は農業へ

公開日: 更新日:

 すでに「将来」は決まっている。

 7月の世界水泳(韓国・光州)の代表選考会を兼ねる日本選手権男子400メートル自由形は吉田啓祐(18、日大1)が、昨年覇者の江原騎士を残り25メートルで抜き去り初優勝。「(前半は)そんなにきつくなくて(最後にペースを)上げられるなと思った。自己ベスト更新での優勝はうれしいが、まぐれかな」と言った。

 佐賀県唐津市出身。4歳から水泳を始め、スカウトされた日大豊山高に進学。2、3年の全国高校総体400メートル自由形で連覇し、昨年10月のユース五輪(ブエノスアイレス)では自由形の400メートル銅、800メートルで銀メダルを獲得。11月の北島康介杯では萩野にも競り勝った。今月、白血病を公表した池江璃花子(18)とともに日大に入学した。

 実家は野菜などを作る専業農家。現役引退後は家業を継ぐという。それまでは思う存分泳いで世界の頂点を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る