悩める萩野に先輩メダリスト入江が「海外修業」のススメ

公開日: 更新日:

 競泳の世界選手権(7月、韓国)の代表選考会を兼ねた日本選手権が2日開幕。1日には公式練習が行われ、リオ五輪男子400メートル銅の瀬戸大也(24)、2017年世界選手権女子200メートル個人メドレー銀の大橋悠依(23)らが本番のコースで調整した。

 今大会は男女のエースである萩野公介(24)が心身の不調、池江璃花子(18)が白血病治療のため欠場。池江はともかく、萩野はスランプを理由に出場を取りやめた。今夏の世界選手権の金メダル獲得で、来年の東京五輪代表資格を得るが、萩野は来年の日本選手権まで持ち越しとなる。

 自国開催の五輪で金メダル取りを期待されながら壁にぶつかった萩野に、ロンドン五輪男子背泳ぎ200メートル銀の入江陵介(29)が「今の状況から抜け出すには練習環境を変えるのも手段のひとつ」とアドバイスする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る